そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

喜びに向かって一直線 大アルカナ7  Chariot

f0228000_9111243.jpg


今朝は、中央の鷹が目に飛び込んできました。
一直線に飛ぶ鷹。
作者、ジェームズは鷹の意味を多才になる方法と
定義づけています。

多才になる方法は、ひきました。
大アルカナ17 星です。
星は、それぞれ輝いています。
私も輝いています。あなたも輝いています。
みなが輝いている・・・。
それが、本当の私たちの姿です。


昨日の東京スピマには、さまざまな人が出展していました。
エネルギーヒーリング、チャネリング。そのあたりは人気があって、
どんどんお客様が来ていました。

かつて、私も自分がどこに行ったらいいのか、
わからないときがありました。
そして、それを教えてほしいとチャネリングや過去世回帰、
そして、ヒーリングもたくさん受けました。
大概は、取材のことが多かったですが、自分でも受けたことが
あります。

そして、わかったことは、自分のことは誰より自分が知っている、
答えは必ず自分の中にあるということでした。

ホ・オポノポノのヒューレン博士は、起きることの原因を
探すのではなく、それは記憶の再生に過ぎないのだから、
淡々とクリーニングすることをすすめていますね。

私は、やっと、そのこともわかるようになってきましたが、
少し前の私は、やはり答えを探して右往左往していた
ように思います。
多分、この右往左往も必要だったのでしょうが。
特別な私でいたかったのです。
誰かに認めてほしいと願っていたのです。
でも、真理は特別な人などいないし、
本当に認めてほしかったのは外側でなく、
私自身だった・・・。


それがわかったら、やはり後戻りはできない。


必ず、あなたの中にある答え、それを探すお手伝いを
しています。
見つけたときの喜びは、その人自身のものだから。


私の友人に、アガスティアの葉を読んでもらった人が
います。
その人は、アガスティアの葉に書いてあった、
カルマの解消の儀式を断りました。
「自分のカルマなら、自分で解消したいから」と。

その心意気! 男前ですよね。

そこまで徹底的ではないにしろ、
私たちが取り組むべきことは、自分のこと。
私たちは、さまざまなことを体験して、そして変容していきます。
だから、その変容をお互いに支えるだけ。
励ましあうだけ。

昔、マスターといわれた人がマスターに出会ったときは
どうするかという質問がありました。
さぞかし、深い話をするんだろうと思ってたら、
マスターは、ただ、祝福するだけと答えていました。


その意味が、最近、本当によくわかります。


私も、目の前に座ってくださった方の人生を
祝福するものでありたい。
相手の中の輝きを見つめ、その輝きを伝えるものでありたい。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-17 09:29 | 日記
<< スカイプをインストールしました! 東京スピマに行ってきました! >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧