そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

味わおう、そのままに カップの女性 Rejoicer



ハワイのエネルギーヒーラー、ジョセフが言いました。
私たちは、3歳から5歳の間に、もうその才能の源のようなものに
であっていると。

そのころの私を思い出しています。

屋根に上るのが好きでした!
犬を飼ってかわいがっていました!
泥でお団子を作り、ピカピカに光らせました!
石が友達で、さわり心地を楽しみました!
川で遊ぶのが好きでした!

そして、本が大好きでした!

それがいくつだったか覚えていませんが、
世界文学全集というものが家に何冊か
ありました。
中でも、大好きだったのがギリシア神話。
日曜日の朝、お布団の中でその本を
読むのが私の至福の時間でした。
他のものはあまり好きではなかったのですが、
それはもう繰り返し、繰り返し読んでいました。

多分、小学校入ってすぐか、
あるいは、小学校前のことです。

明石のおばちゃんのところに行くと、
必ず、天文台のプラネタリウムに連れて行ってくれます。

星の物語はギリシア神話です。

プラネタリウムでも、そのお話をしてくれました。


昨日、本屋さんでギリシア神話を見つけました。

今、大切に読んでいます。

嫉妬はするわ、いたずらはするわ、やりたい放題。
フリーダムすぎる神々は、でも、どこか愛おしい。
人間の前では体裁を繕うところも。

それがなぜお気に入りだったかは、
さっぱりわからないのですが、
読みながら、幼い頃のことを思い出しています。

朝、起きたときの、学校おやすみだと思う喜び。
ぬくぬくの布団の中で、大好きな本の匂いを
かぎながら、1ページずつ大切にめくる喜び。
おばあちゃんの焼くケチャップいためのごはんの
におい(日曜の朝の定番メニュー)。
オレンジのご飯の上にかけられた青海苔。
緑の色と、ちょっと磯臭い香り。
お肉の代わりにちくわが入ってた。
テレビから聞こえる、パルナスのCMのうた。
♪おとぎの国のロシアの 夢の   が運んでくれた~♪


あの頃、私は確かに幸せだった、
それがリアルに感じられました。

瞬間瞬間が、本当にリアルに思い出せました。


ジョセフ氏は、私たちのエネルギーフィールドの
欠けが見えるそうです。
それは、私たちが心を閉ざした瞬間。
もう見ない、感じないと決めた瞬間。
それをみつけたとき、私たちのエネルギーは
大きくなって、より魂につながりやすくなるのでしょう。

あなたはどうですか?

あなたの小さいときは?

悲しい思い出、がっかりした思い出の奥に、
楽しくて楽しくてたまらない思い出が
隠れているかも知れませんよ。

f0228000_961970.jpg


連続でひいたので、一番最後にしてみました~
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-21 09:01 | 日記
<< 感じて乗りこえる カップの7 ... 受け取ることの幸せ カップの女... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧