そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

フォーカスするのはトラウマか、夢か? ワンドの6 Trust

f0228000_10135176.jpg


昨年の7月でした。
預言カフェに行き、そこでこんなことばをいただきました。

あなたに自分が想像しているよりも大きな計画、
また、その楽しめる空間、状況を用意していると主がいわれます。
遠慮して、私の人生はこんなものだろうと、
そのように自分の見えているところで判断してはいけないと主は言われます。
まだ、時間は十分にある、また、あなたがこれから挑戦するときでもあると、
主は言われます。

このときの預言は、本当に心にしみわたりました。

2009年、2010年には、今まで同じところをぐるぐるしていたのが、
全然違う展開になると言われました。

このときのことばがあまりに大きくて、
あまりに温かくて、
私は、そのことばを信じようと決心しました。
そのときは、私には何もありませんでした。
父に関わる人たちの中で、翻弄され、
何かどうなっているのか、さっぱりわけがわからなかった状態のときのこと。

それでも、信じようと思いました。
そんな展開のカケラもない状況でしたが、
きっとそうなるのだろうと。
希望をもとうと決めたのです。
そして、本当に自分に起きてくる状況の一つ一つを楽しもうと
決めたのです。


それ以来、預言カフェには行っていません。


正直にいえば、いろいろ考えて不安になって、
何かアドバイスがほしいと、今年の連休に行ってみたら、
移転のためにおやすみでした。
新たな情報は必要なかったのです。

「信じなさい」

改めてそう感じました。


このカードは希望です。

疑う気持ちを乗りこえていくことが、希望なのだと
思いました。
トラウマにフォーカスして、それを乗りこえよう、
それを捨てようとするよりも、
希望にフォーカスすると、そのあたりを
すっ飛ばして前に進めることがあります。
希望の高い周波数が、いらない考え、
もともとは実はなかった感情すら、
みんな消してくれるのです。


だから、私は、希望に身を任せます。


ちょっと不安だからパラシュートをしょってるけど、
ちゃんと飛び降りられることを信じて、
飛び出します。
そして、見渡せば、たくさんの人が一緒に飛んでいる。


母親にすべてをゆだねる赤子のように、
私は、私の中の神にすべてをゆだねます。


再度、気持ちを新たに。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-25 10:27 | 日記
<< 今週末の濃い予定 チャンスの波乗り カップの男性... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧