そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

パターンを捨てる 大アルカナ20 Time-Space

f0228000_975713.jpg


おととい、ヴォイスワークのときに、
「新月に向かってもういらないパターンを
手放すイメージをしてくださいね」と、
先生からいわれて、
声を出しながら、
「自分の中にある古いパターンを手放します」
そう宣言しました。

昨日、新月の日は、
ボイジャークリエイティブ講座で、
みなさんと一緒にマイカードを
作りました。

当初、Sunのカードを作るつもりでしたが、
自分の中でももしかしてHermit?という気持ちがあり
セッションカードがその関連のHarvestだったことから、
Hermitを作りました。

作っている間は夢中で、頭はからっぽ。
ただただ楽しい気持ちで、
自分がワークをリードしていることすら忘れていました^^;

それぐらい集中していたので、
出来上がったときの満足感は高く、
みんなで新月の願いごとを書こうと思っていたのですが、
もう十分だと思いました。

イメージは、ことばを超えて、
深く深く潜在意識を揺さぶったように思えました。


そして、昨晩か朝方のこと。

私は夢を見ました。

その人は、江戸あたりの商人で、
外国からの商品を扱っていました。

ハイカラで見たこともないような色使い。

その人がその商品が大好きで、
商品を見ながら海の向こうの国に
思いを馳せているのでした。

もちろん、なかなか手に入らない商品で、
それはとても高価でした。

こんなに高かったら、みんながなかなか
手に入れられないじゃない。
私は、そう思いました。

すると、彼が語ったのです。

「わしは、夢の種を売っている」と。

なかなか手に入らなかった商品が
手に入れられたときの喜び。
そして、誇り。ワクワクする気持ち。

彼は、それを売っているのだと、
胸を張っていました。


ちょうど、最近も友人とワークの料金とか、
その料金を受け取ることについて
話し合ったばかりでした。

一生懸命提供するものに対して、
どこか受け取ることに遠慮がある。

豊かさを享受できない自分。

若いときからその傾向がありました。
お金をちゃんとエネルギーとして扱えず、
ついついお金より気持ちだと思ってしまう。

その気持ちの現れがお金なのに・・・。

でも、夢の種を売っていると聞いたとき、
私が扱っているものもわかりました。
私も胸を張って、提供しているものがあるんだと。

Hermitの豊かさと、淡々とした姿勢。

ド直球な夢を見て、ワークのイメージ作りが
ちゃんと届いていることがわかりました。

そして、今日ひいたカードが、
Time-Space。
できすぎかなあと思うのですが(笑)
ふと、めくった裏側がHermit。

ひとつのストーリーになっています。

きっと筋書きを書いたのは、私なんですね。

そして、その人生を創り上げるという、
あるパターンからも抜け出す日がくるのですね。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-11-07 09:29 | 日記
<< クリエイティブ講座を終えて 実況クリエィティブ講座 >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧