そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

ドラマ「トイレの神様」を見終わって

大晦日、早めに寝てしまって、
この歌を聴けなかったんです。

それもありました。

話題になっていたので、よく知りたくて。

それと、実は芦田愛菜ちゃんの大ファン。
「Mother」でやられてしまって、
彼女の演技が見たかったのです。

小さな大女優ですよね。

関西弁のイントネーションがバツグン。

泣く演技がツボ。
お父さんに親戚の子扱いされた憤慨と
寂しさをうまく演じてました。
おばあちゃんに抱きついて、
ほっとして大泣きするのは、
すごくリアルで。

うますぎ!

「トイレの神様」がどうして生まれたのか、
よーくわかりました。

私もおばあちゃん子でした。

うちのおばあちゃんは、食べ物屋をしていたからか、
台所の神様をとっても大事にしていました。

いつも「さんぼうこうじん」さんといって、
お正月には、ちゃんとお飾りを飾って、おまつりしてました。

うちには井戸があったので、その井戸も。

それが「三宝荒神」だと知ったのは、
東京に来てずっと経ってから。
竈の神様だったようです。

小さいときは、おばあちゃんが呪文唱えてると
思ってましたけどw

夜中に口笛を吹くと山からお化け(だったかな・・・)が
やってくると言ってました。

レタスが言えずに、ベタスと言ってました。

小さいときの毛糸のパンツは、みんなおばあちゃんが
編んでくれてました。

よく働く人で、片付けも上手でした(似たかった・・・)。

昔、丸髷を結ってたらしく、頭の真ん中がはげてました。

おばあちゃんのこと、私も思い出しました。

私と妹を本当に大事に育ててくれました。

妹がいじめられると、乗り込んでいくのは
おばあちゃんでした。
私のときもそうでした。

父のぶんもお母さんの分も愛してくれた。

「トイレの神様」を観て、思い出しましたよ。
おばあちゃんのこと。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-05 23:17 | 日記
<< あなたはどう癒せばいいかを知っ... 万葉の地でボイジャータロットス... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧