そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

ただ、感じて喜べばいい ワンドの5 Oppression

f0228000_820878.jpg


昨日、私はハトホル聖歌隊のワークに行きました。
6回の4回目で、ワークはだんだんと内容の深いものに。

昨日は、ボイスヒーリングの練習でした。
肩に手を当てた人のエネルギーで歌を歌います。
でも、自分はただそのエネルギーを通過する人になる・・・。

私も、自分が透明の管になって、エネルギーに委ねようと
思いました。

目をつぶると、そこに白い姿の人が立っていて、
そして、その手から白いエネルギーが
流れ出ていました。

私は、そのエネルギーがただ自分の中を通っていくのを赦しただけ。
エネルギーのままに歌いました。

終わったとき、エネルギーが通った後の振動が
すごくてずっと体が震えていました。

委ねる、委ねる、委ねる。

ずっとテーマにしてきましたが、
それができたことがすごく嬉しかったです。

終わったとき、その白い人はJだと感じたのですが、
頭ではそんなことと否定していました。

暮れに、イエシュアのチャネリングを聞いたときと
同じ気持ちになりました。

それは私がそう思いたい幻想じゃない?
Jが現れたということで、私は何を得たいの?
道元は、瞑想中の聖なる姿をたたっきれといったんだよね。

いろんな判断がわいてきて、
帰ってきてからも、喜びはどこかにいって、
自分をあれこれ判断してました。

何だか、わけのわからないまま寝て、
今朝、ひいたのがこのカード。

ああ、それは私の縛りなのね。

そもそもJであってもなくても、
いいじゃないの。
ただ、そう感じたでいい。

私は、この見えないメッセージに対して、
安易に信じちゃいけないと、
自分をいっぱい縛っているんだなあ~

で、もう一枚。
f0228000_1030116.jpg


そうだ、すべては愛。受け取ったものは愛だった。

チャネリングのとき、すごい抵抗が湧いてきたけど、
この世が夢だとしたら、夢を楽しみつつ目覚めればいいと。

だから、私はそういう体験にも自分を開いていこうと。
結局は、イエシュアも私なんだから。
誰もが、神の一人子だから。

そのことを改めて感じました。

ただ、単純に導管になれたことを喜ぼう。
私を通っていったものは愛だったと。

ボイスもまた、とっても面白いです。

これも楽しんでいきたいなあと思っています。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-17 10:35 | 日記
<< 奈良方面にいきます! 人と人とをつなぐものは? ワン... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧