そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

あまねく一切を照らす 大アルカナ19 Sun

f0228000_7274752.jpg


さすがに、昨日、元気を注入したら、
元気いっぱいのカードが出てきました!

このカードは、「私は誰?」とスクールで問われ、
初めてひいたカードです。

私の本名をご存知の方はおわかりでしょうが、
ボイジャーはなかなかいたずら好きだと思いました!

さて、この太陽のカード。共同創造とか人間関係の
カードでもあります。

私たちは、実は、一緒にこの三次元の夢を紡いでいます。
シンクロニシティといわれることは、実は、
計画通りといいなおしてもいいのかも知れません。

ただ、とうてい人の頭で計画したとは思えない、
その深い計らいには人知を超えたものを感じます。

奈良でスクールを開こうと決心した日、
奈良からメールが届きました。

ボイジャーに興味をもってくださった方が、
ブログを読んでコンタクトしてくださったのです。

「Yes! それでいいんだ」というメッセージが聞こえます。

奈良に行くことは必然だと。
それは、奈良で開催しようと頑張ってくれたMちゃんへの
「Yes!」でもありました。

私たちは、見えないつながりに接したとき、
何ともいえない満足感のようなものを感じます。
ワクワクといえばワクワクだし、
幸せといえば幸せのような。

それは、やはり、私たちが実はみんなつながって
いたからなんだろうと思うのです。


10数年前か・・・。

私は、マウイ島のアリエールに、対面瞑想で「空」
の世界に連れていってもらいました。

アリエールに「あなたは本当に天使なのよ」と
メッセージをもらったとき、
何と励ましになったことか。

そのアリエールに、やはり世界の認識を
変えるきっかけをもらったというのが、
昨日、チネイザントリートメントをしてくださった
恵さんでした。

最近、恵さんはボイジャーとマヤンオラクルを
使われるとか。

以前、私は生意気にも、アリエールに、
この解説書はあまりにわかりにくいので、
もっとわかりやすくリライトしてはどうですかと、
提案しました。

アリエールはとても困った顔をしていました。

今ならわかるのです。
そのときの私のマインドでは、解説書を理解することが
できなかったんだということが。

でも、そのときの私は、あまりに宇宙の深遠さに
アリエールが偏っているような気がして、
だんだんと疎遠に。

でも、なぜか、昨日、お腹を揉まれながら、
アリエールの話になって、
そういうことだったのかと腑に落ちたのでした。

マヤンオラクルもボイジャーも、いつも変わらずに
伝えてくれることがある・・・。

叡智は、いつ、どんなときも、
そして、誰にでも、
まるで太陽の光のように、降り注いでいるのです。

あまねく一切を照らしているのです。

その光をもっともっと受け取りたい。

今日、カードを見てそう感じました。

ありがとうございます。
何だか、そう書きたくなりました。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-19 07:49 | 日記
<< 父の急変 パワーランチとチネイザントリー... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧