そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

引き寄せなのか、ギフトなのか

引き寄せる―この言葉にいつも
反応してしまいます。

何だろうか・・・。

例えば、人間関係。

今の私は、私の周囲にいる人を引き寄せたのか?

昨日、会ったお友達は、もう28年来の友人です。
その長い間、私もいろいろ変化しましたし、
お友達にもいろんなことがありました。

結婚、離婚、出産、パートナーの死、親の介護・・・。

人生に起きるさまざまなことを経てきました。

私は、体験ルポでいろんなワークやセッションを受けて、
混乱してしまって、一時欝のようになっていた時があります。

それは、誰しもがあるがままでよく、
そして、それで完全なのだとしたら、
リーディングも、ヒーリングも、そして、アドバイスすら、
必要ないものじゃないか。
みんな計画してきたとしたら、踏み込んで付き合うことは、
ただのお節介じゃないか。

そのジャンルをずっと取材して、
それを伝えている私は何なのだろう・・・。

癒しとはなにか、そして、私とはなにかの
袋小路に入ってしまって、
抜け出せなくなり、私は現実から逃避したのです。

私が逃げた先は、ネットゲーム。

でも、その中でも、私は、人との心のふれあいや、
理解を求め、そして、人と関わろうとする自分を
発見して、
ああ、そうか。
私は、人が好きだと。
その人が困っていたら手を貸したいし、
悲しんでいたら、背中をさすってあげたい。

だって、それが私だから。

そう思って立ち上がったのですが、
そのとき、じゃあ、友達はいなくなったかというと、
そうではなかった。

アドバイスを聞かない頑固な私を、ただただ見守ってくれ。

また、外に出られるようになったことを
喜んでくれ。

つかず離れずかも知れないけど、
ずっと、離れずにいてくれました。
私は、悩んでいるとき、
エネルギーが活性化していたわけではないけど、
それでも、友達は離れなかった。

友達のパートナーがなくなって、
彼女がパニック障害になっていたとき、
私は、早く元気になってと祈ったけど、
彼女から離れようとは思わなかった。

引き寄せたり、離れたりするような関係ではなかった。

何があっても大切にしていきたい関係だった。

だから、私は、出会いはすべて、
ギフトなのだと思いたい。

引き寄せたという感覚とは、
かなり違っています。

この宇宙の中心は私だけど、
私が傲慢でいいわけではない。

実は、私たちが自分だけでなすことは、
何もないのだから。

このあたりは、二重構造になっているようですが、
個としての自分の尊厳を取り戻したら、
全体の自分として謙虚に生きる。

そう考えると、やはり引き寄せでなく、
ギフトだと思うのです。

ボイジャータロットでは、最後にこれからの行動を
決めて、ギフトのカードを引きます。
これ、「そう行動したら何を引き寄せますか?」でも
いいと思うのですよ。

でも、そうじゃないところが、私がボイジャーを
認めてる点でもあります。

やはりギフトなんですよ。

与えられているもの。ギフトという言葉が、
自然に感謝の気持ちにさせてくれます。

セッションの最後に、「ありがとう」と
言える気持ちになる。

だから、ボイジャーのリーディングは、
やっぱりステキなんだよなあ~と思うのです。

ボイジャータロットをひいているみなさん、
ぜひ、ここを十分に意識してみてね!

うーむ、途中何が言いたいのか、
わからなくなってる(涙)。
でも、言いたいことがあるんですよ。

引き寄せって何よ!ってこと。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-27 19:17 | 日記
<< 遊べや、遊べ 子供のように ワ... 遊べや、遊べ 大アルカナ15 ... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧