そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

ありふれた日常の幸せ カップの2 Equilibrium

f0228000_6333663.jpg


f0228000_6335935.jpg


ひいた平常心(Equilibrium)のカードの下から、
ワンドの5、Oppression(抑圧)が現れました。

起きたことに良い悪いはなく、
すべての元は愛だとしても、
やはり自分が創った制限の中で、
自分の体験を判断している。

そして、判断した思考で、揺れ動く感情を
生み出している。


昨日、午前中、スーパーに出かけたら、
ものがないわけではないけれど、
トイレットペーパーとかお米とか、
そういったものが見当たらない。
普段は、空いている酒屋さんにも人が並び、
お米を買っているみたい。

ペットボトルを何本か買ったので、
持ちきれず、お米とかは諦める。
おととい、入場制限をしていたスーパー。
あまりに混んでいて買い物を諦めました。
大晦日の人でのようでびっくり。
会社や学校が休みだったりする影響かもしれません。

よし!
ただ、受身でニュースにかじりつくのをやめて、
バスで行けるボイジャーの友人のところに
遊びにいくことに。約束だったレインドロップをしに。

途中、道路が動かないと思ったら、給油への列でした。

実際、道路も車が多かったです。
トラックは少なく自家用車ばかり。
何となく、焦りのような、何とも言えない落ち着かなさ。

彼女のおうちに行き、久しぶりでしたが、いろいろなことを話し、
おいしいコーヒーをいただいてほっと一息。

ゆっくりとオイルと交流する時間は、
私にとっても価値ある時間でした。

落ち着きを取り戻し、
帰りは気持ちが変わっていました。

そして、迎えた夜の停電。娘といろいろな話をしました。
そしたら、娘がやっと心が落ち着いてきたと・・・。
元気が出てきたといって、
ずっと食欲なかったのが、
真っ暗な中、いろいろと食べ始めました。
寝てばかりいたのは、実は元気がなかったんだと。
そりゃあ、そうですよね。

元気になったのは停電のおかげだというから
「お母さんのおかげっていいなよー」と返すと、
「停電じゃなきゃ、あんなに話してくれないじゃん」
「確かに・・・」

夜、22時から歌ったとき、温かい涙が流れました。
あふれるように、すべて洗い流すかのように。
祈りのつもりが、自分自身が癒されていました。

やっと気持ちが普段どおりに。

非日常の中でかみ締める、ありふれた日常の幸せ。


私の大好きなこの歌を再び。
この2枚のカードにぴったり。
ミテンの深い声が、心にしみます。
訳詩は、地球人のためのスピリチュアルレッスンを主宰するyukikoさん。


[PR]
by laetitia-takako | 2011-03-16 07:07 | 日記
<< 過去を超えて 大アルカナ20 ... 今だからこそ、大切なこと【転載】 >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧