そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

イエスならどう考える? クリスタルの2 Equanimity

f0228000_8145665.jpg


今日は復活祭です。

十字架にかけられたイエスが、再び戻ってきた日。

最近、イエスやキリストのことをよく書いているので、
キリスト教だと思われるかもですが、
私は、特定の宗教は必要ないと考えています。

ただ、イエス(イエシュア)を目覚めた人として
深くリスペクトしているのです。

何から目覚めたかというと、
この肉体が自分ではないということ。

本当の姿はスピリットで、それは神と一つだということ。

からだもこの世界もとてもリアルで、
次から次へと、リアルを証明するようなことが
起きてきて、思考も感情もこの世に縛られるのですが、
それこそがエゴが見せる夢。

イエスは、そのことからはっきりと目覚めていました。

だから、どんな人も平等に愛せたし、
男性、女性の区別もなかったといいます。

好きな人も嫌いな人もなく、
誰もが等しく思えるって、よくよく考えると
本当にすごいことですよね。

好きな人や一見関係のない人に愛を送ることは
結構できても、つながりがあって、
それがあまり心地よくないつながりだとすると、
愛を持って相手を受け入れることは、
なかなか難しいです。

汝の隣人は、誰と選べずに愛すわけですよ。

たとえば、それは自分をいじめてきた人であっても、
自分を侮辱した人であっても、
暴力をふるってきた人であっても・・・。

その人が実はそこにいない、
これは本当に夢だと本気で信じていない限りは、
やはり、過去や現実にひっぱられてしまいます。

イエスは、そこを超えていた。


だから、再び肉体に戻るという
奇跡を起こすことができたようです。

そのことがどうやら本当らしいと、
ハートでは感じますが、
魅力的な、あるいは衝撃的な現実に
翻弄されているのが正直なところ。

それでも、翻弄されていることに気づき始めたのは、
大きな進歩かもしれません。

昨日、開いた「神の使者」から、
『自分が生きるためにすることはみんな、幻想のなかの
自分を支えようとする幻想で、幻想そのものを支える
ことではない』

この世にありながら、目覚めることは、
本当に日々の積み重ねなんだなあと思います。

見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、
一つ一つが変化していくのかなあと思います。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-04-24 08:42 | 日記
<< 昨日乗りこえたこと そして安定... 不要なものを感謝して手放す 大... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧