そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

人に伝えていく方法 大アルカナ5 Hierophant

f0228000_7412296.jpg


三島スピマにいらしてくださった方々、
ありがとうございました。

大活躍だったマルキューレゆきこさんの
ブースに座ってくださった方も、
本当にありがとうございます。

イベント初デビューながら、たくさんの
リーディングを重ねてきた彼女は、
とても安定しており、カードからメッセージを
受ける姿勢も本当に真摯で、
私も「初心忘れないようにしよう」と
思いました。

帰り、認定テストを決心し、
また一歩を踏み出した彼女は、
とても輝いていました。

真面目な彼女は、果たしてブースに
来られた方に、自分は100%メッセージを
伝えられたかと、不安になったようですが、
彼女の最高・最善を尽くしていたように
思います。

「このカード、どう思われますか?」
優しく問う、それが彼女のリーディングそのものでした。

今回、ブースに座ってくださった方は、
ボイジャーにとても興味を持ってくださって、
学びたいという声もいくつか聞きました。

そんな翌日、別名「先生カード」と呼ばれる
教皇のカードをひいて、
私もカードを感じながら、
いろいろと思いをめぐらせていました。

グランドキャニオン、マチュピチュといった
古代の叡智の眠る場所。

叡智を現代に伝える、その役割。

また、新たな教え方を模索してみようかと
思い始めました。
メニューにオリジナリティを加えよう。

すでにボイジャーを習った方々とは、
新しいスレッドを試したり、
新しいカードの感じ方をお互いに共有したり。

そういったところも、今年の後半は
やっていこうと思いつきました。

まず、近々では7月31日から始める
横浜でのプラクティショナー認定コース。
これは、3日間、カードを感じ、カードのテーマを
内側に問いつつ、自分を見つめていきます。
自分を理解することで、カードそのものも
理解していくというコースです。

今回から3回コースにしました。
ホームワークもたっぷりやっていただき、
楽しみながらボイジャーをマスターして
いただければと思っています。

ご興味のある方は、どうぞ、詳細を
お問い合わせください。

Hierophantのエネルギーを感じつつ、
気持ちを新たにしました。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-06-27 07:55 | 日記
<< 久しぶりのバシャール 帰ります >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧