そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

できる自分を信じること



これはモンゴルのホーミーです。

口笛のような、高い美しい音が倍音。

人間業じゃないようですよね。

Tuvaという地にも同じように、ホーメイという
倍音の喉歌があるようです。

そして、その土地に行ってホーメイを学ぶと
それができてしまう。

これって、覚者のパンツを洗っていた弟子が、
いつのまにか覚醒したということと同じですね。

その波動の中に入ってしまえば、
簡単に「できない」という制限が外れるのだと思います。

私がフィンドホーンに行くことも、
それに近いのかも知れません。

フィンドホーンを天国だと思っているのでなく、
そこに行けば変われると思っているのでなく、

「できない」「自信がない」という自分の
制限や枠をとっぱらってしまうことが
旅の目的のような気がします。

だって、アイリーンが神のガイダンスを受けて
つくったといわれる場所だから。

そこの波動を、そこの地を体験すること。

それは、私を縛っている私の観念を
解放することにつながる。

私たちの可能性は限りない。

それをどれだけ認めているかで、
現れる現実は変化するのだと思います。

モンゴルの人たちにとって、この声は、
当然のものなのでしょうね。
ずっと継がれてきた歌い方だから。

自然の中で自分のからだを使って遊ぶ方法。

そこには、モンゴルやtuvaの暮らしも
大きく関わっているのだと思いますが。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-25 10:56 | 日記
<< FF11のロンフォールはケルトの世界 快、不快の感覚を大切にする ワ... >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧