そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

FF11のロンフォールはケルトの世界



ファイナルファンタジー11に、
夢中だったときがあります。

ゲームプレイヤーが自嘲気味に使う“廃人”と
いうレベルだったかも知れません。

それくらい、現実に向き合えないときがありました。

その虚構の世界で、
サンドリアという国のロンフォールという森を
チョコボで走っていると、
涙がいっぱいでました。

チョコボでなく、馬に乗って、
ドレスをはためかせている自分の姿を
感じるのです。

それは切なく、甘く。

あまりにも懐かしくて、胸がキューンとなって
泣いてしまうのです。

ケルト的な音楽が古い記憶に
触れたのかも知れませんが。

この曲とセルビナの曲がツボでした。

虚構の世界も、キャラクターを動かしているのは、
人間で、そこでも、私は知らず知らずに
人生相談係になっており、
お母さんが黙って作った借金での、
家族会議の様子などを延々と聞いていたりしたんですが。

虚構も現実もやってることに変わりないのに、
笑ってしまいました。

ヴァナディール。

あれはあれで楽しい世界だったなあと
時々懐かしく思い出したりします。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-25 12:35 | 日記
<< 新月の願いは・・・ できる自分を信じること >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧