そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

源にタッチする生き方 ワンドのエース Illumination

f0228000_8565999.jpg


最初にあったひとつのもの。

そのひとつのものがわかりやすいように、
ふたつの究極の質に分かれる。

自由と不自由。

朝と夜。

男と女。

そして、光と闇。

でも、この光は、最初にあったひとつのものとは違う。

だから、光だけを求める生き方もまた、
バランスを欠いてる。
闇をなくせば、もとの世界になるのではない。

光と闇がひとつに溶けあったとき、
その本来のひとつの世界になるけれど、
それは、この世界には現れてはいないものだ。

私たちは、いずれの質も体験しながら、
そして、世界を創造し続けながら、
そもそも二つに分かれたというところを
癒し続けるのだろう。

そして、もともとに還っていく。

なぜ、私たちは生まれてくるのか。

さまざまなことを体験するためだという人もいれば、
記憶のクリアリングだという人もいれば、
地球というかたちのある星で、創造を楽しむためだという人もいる。

私は・・・わからない。

私は答えを知らない。

その答えさがしが生まれてくる意味なのだろうか。
生まれる前のことをみんな忘れて。

源を体験したい。
私がやってきたところを知りたい。

喜びや楽しみはとても心地がいい。
だから、私の本質はそれに近いのではないかなと思う。
でも、それを味わったその先は?
体験していく先は?

カードを見てそんなことが気になった。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-27 09:11 | 日記
<< フィンドホーンの申込書 猫と遊ぶ >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧