そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

結果は宇宙に任せなさい 大アルカナ19 Sun

f0228000_8541547.jpg


Mちゃんからメールが来ました。

願いを放ったということでした。

そして、昨日、私もひとつ気づいたことがあります。

私たちができるのは、イメージし、願うこと。
意図を放つこと。

そのあと、この世に現れてくるところは、
もう、宇宙にお任せなんだなあということ。

ああ、それが大アルカナ12の委ねるの本質かと。

願いを放って、そのとおりにしたいとしがみつくのではなく、
放ったら、その結果は委ねて待つ。

大切なのは、そのとき、あなたのイメージがどうなのか。

このSunのカードを思い浮かべて、喜んで待っていればいいのでは?

せっかく放った願いに対して、
ついつい過去の習慣であれこれ心配したり、
不安になったりするものですが、

そこはいらないプロセスですね。

内側にはすべてを持っている私たち。

それだから、安心して宇宙に任せます。

まあ、いわばガチャガチャをやってるようなものじゃないですか?
子供のよくやってるガチャガチャです。

ガチャガチャから出てくるものを、ガラクタだと
決めつけないことです。
ガラクタかもと心配しないことです。

あまりに狙っているものがあると、
それが出ないときの失望にチューニングして、
回す前から、ワクワクじゃないドキドキになりますよね。

それって、恐れじゃないですか。

ガチャガチャを回すことに喜びを感じ、
何が出るかわからないことに喜びを感じてほしい。

願いどおりのものが即座に出るなら、
そこには、喜びはないんですよね。

それは、当たり前のことになる。
手をあげようと思ったら、手が上がる。
そんなふうな、ただの反応になってしまう。

それは、宇宙と一緒にやっているゲームみたいなもの。

何が出てきたとしても、きっとこのサンのような、
輝くような幸せをイメージしていましょう。
具体的に何がやってくるのかは、
そこは、ある意味魔法だし、ミラクルだし、神秘ですよね。

だから、ワクワクして待ちましょう。


※私は、夕べふと自分の中のさもしさに気づきました。

太っ腹に見せたい自分の奥に、何ともケチで、さもしい、
小さな自分を見つけたんです。

でも、私、その自分がかわいかった。

いっつも損してると口をとがらせている正直な自分。

見返りがなくて、むっとしている自分。

だって、一生懸命相手のこと考えて、
いろいろ言わずにいたり、譲ったりしたんだもんね。

その私が認められたら、今朝はSunでした。

与え続ける、でっかい太陽でした。

ラティーシャ・たか子のHP
2月、3月のインナーチャイルドカード講座参加者募集中!
2/2 イヤーリーディングとマイボイジャー@神戸 募集中!
2/22直観をパワーアップするボイジャータロット大勉強会募集中!

スケジュールはこちら
[PR]
by laetitia-takako | 2012-01-19 09:09 | 日記
<< 春になったら、こんな講座やるよ~ 明日はオフ >>



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧