そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2010年 07月 15日 ( 1 )

広い視野で クリスタルの9 Narrowness

f0228000_4561851.jpg


「未来はえらべる!」を読書中。

昨日は、許しについてをいろいろと考えました。

本田健さんがご自身の父親について質問されていましたが、
私も父のDVがあって、父に対してどういうふうに
接していくのかというのが、人生の大きなテーマになっていました。

バシャールのいうように、父はそういうふうに(DV)しか
コミュニケーションのできない人だと思って、
父を許すことは、早くにできたのですが、
もっと父とより近づくために、私は何が足りないのか、
何を学んだらいいのか、
特に、身元引受人になって、神奈川に呼んでからは、
なかなか心を開いてくれないまま、
痴呆状態の進む父に対して、
ただただ気持ちが重くなるばかりでした。

先日、父に対する思いを書いたように、
父から受け継がれたもの、
父から伝わったものがわかって、
私自身はとても嬉しかったのですが、

もっと、私が父にできることはないのか。
子供としての私は冷たすぎるのではないのか。
人は鏡というけれど、
父は私の何を映しているの?
父から何を学んだらいいの?

近視眼的にそのあたりを堂々巡りしていました。

バシャールは許しについて、
「許しとは、言い換えれば、起こったことを個人的にとって
自分のせいだと思いつめないこと。
そして、自分を責めないこと」
と言っています。

個人的にとらない・・・そこがとてもヒットしました。

そして、その人を壊れたティーポットと例えて、
そのかけらで指を切っても自分のせいだと思わないように、
壊れたティーポットとやりとりして、手を切るかもしれないけど、
それは「あなたのせいではない」と。

すごく楽になりました。
呼吸が深くなりました。

父は、やはり壊れたティーポットなのです。

私も妹も、本当にできることを精一杯やっている・・・。
それを認めようと思います。
自分に向けていた批判で苦しかった・・・。

もっともっと広い視野で。
考え方を柔軟に。

気が重くなって、父を避けるより、
今できることを淡々とやって、
つながった時間を重ねる、
それしかないのだとわかりました。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-15 05:18 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧