そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2010年 07月 22日 ( 2 )

うまくいくことが怖い・・・

今日、なぜヒーリングのサポート天使が
きてくれたか、わかりました。

私は、順調に進んだり、うまくいくのが
とっても怖いんです。

週末のスクールの準備をしていて、
そういった気持ちが、
私の中にあるのがはっきりわかりました。

調子に乗って喜んでいると痛い思いをする。
だから、ぬか喜びはしないようにしなくては。

これって、小さい頃からの思い癖、
もっと言ってしまえば、
刷り込まれた考え方だと思います。
父も母も、結構ネガティブでした。
喜んだり、調子に乗ったりすると、
しかられていたような記憶があります。
でも、それは父や母のせいでなく、
私が私にした制限なんですよね。

それに気づいたときから
変化は始まってます。
もう、それは全部なくなっていい観念だから。


それは、胸の奥にあります。
そこに、今、手を当てています。

不安とか恐れとか、疎外感とか
どんどん、溶けていきます。

癒しが、はじまっています。

f0228000_13194826.jpg


これはOSHO禅タロット。
なかなか深遠です。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-22 13:21 | 日記

知っている感覚を大切に クリスタルの賢者 Knower

f0228000_635032.jpg


例えば、タロットのカードや数のエネルギーにしても、
どこかで知っている、わかっているという感覚があります。

その感覚を大切にしたい。

観念や感情の関係も、全く新しいことを聞いてるのでなく、
やはり知ってるという感覚があります。

ハートの奥深くにしまわれていた叡智。

あるとき、キラリーンと輝くのだろうか。

それには、それはもうあると信頼すること。
私はわかっていると受け入れることが
大切ですね。

たまたま昨夜から読み始めていた、
山川紘矢さんの「天国はここにあり」に、
こんな引用文がありました。

「何も知らぬ者、しかも自らが知らぬと知らぬ者はおろか者なり。
彼とはかかわりを持つな。
何も知らぬ者、しかし、己れが知らぬと知る者は子供なり。
彼を教育してやりなさい。
知る者、しかし自らが知るとは知らぬ者は、眠れる者なり。
彼を目覚めさせてやりなさい。
しかるに、知る者で、己れが知ると知る者は賢人なり。
彼に従うがよい」
           (『ラストバリア』角川書店より)
そして、紘矢さんは、私たちはみんな知る者だといいます。

カードのまんまですね!

そして、今日はフィンドホーンのエンジェルカードも
ひいてみました。

ここ数日、やけにまじめにいろいろ考えたけど、
じゃ、ここからは天使さん、お願い~って
軽い気分でもいいのかな~と思って。

今日のサポート天使は、

f0228000_68121.jpg


癒しの天使が、助けてくれるんですね~
よろしくお願いします。

私が私を信頼する、そこをうーんと癒してくださいな。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-22 06:09 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧