そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2010年 10月 05日 ( 2 )

マンツーマンスクール終了

今日は、マンツーマンのスクールでした。

もうすでに、算命学を20年もやってこられたというのに、
開いた心で、新しいことを学ぼうとする姿勢に
心を動かされました。

長く勉強され、経験も豊富におありだろうに、
とても謙虚。

素晴らしいなあと思いました。

そして、自分もそうありたいと思いました。

それだけの経験をお持ちなのに、
どうして来られたのかと思いきや、
始まりから、マジシャンカードを引きまくり。

才能はたくさんあるというのに、
実は自信がないことがわかってきました。

きっと、ボイジャーに(自分自身に)、
背中を押されたいと思って来られたのですね!

緊張感のある中、それでも、本当に楽しく
勉強しました。

この方、とても観察力があって、
今まで気づかなかったカードの細部を見つけるのがお上手。
新しい読み方をいっぱい教えていただきました。

一緒に勉強したよしよしさんも、よかったね!

8月からボイジャーを習いたいと思われていて、
実現した今日。

私なりに、精一杯お伝えしました。

そして、私もいっぱい受け取りました。

次のレッスンが楽しみです。

今は、もう腑抜け状態。

頭が、もう、働きません。

そして、今日も、スクールに集中するあまり、
一枚も写真を撮れないのでした・・・。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-10-05 21:25 | 日記

えいやっと捨て去るもの 大アルカナ13 Death

f0228000_7204164.jpg


ここ数日、「何かよいボディワークは?」と探していました。

ことの発端は、神戸スピマ。

とっても疲れている女性が多かったから。

自分に合わない職場で我慢していたり、
職場の人間関係に疲れ果てていました。

お疲れでカードがひけない(ボイジャーでは、最後に
行動の約束をしていただいてGIFTのカードを
ひくのです)、行動も思い浮かばないというので、
その場で体を緩めることに。

そういうときは、タロットじゃなくボディワークだよ~と
心の中で思いながら。

疲れがたまってしまうと魂の声が聞こえない。
笑顔を忘れて、厳しい表情になる。
喜びや夢をイメージすることができない。

そんな気持ちから、何か良い方法がないかと
思ったのです。

いろいろあたってみました。
レインドロップ、ポラリティ、そして腸マッサージ。

体を整えることはある程度できるのですが、
何か技術を持ったほうが
いいのかなあと思ったのです。

でも、昨夜、何となく違和感。

そして、今朝「Death」をひきました。


これはレットゴーのカード。

捨て去る、切り捨てる。

癒しは、私が起こすものではない。
私が何とかしようと画策するものでもない。

もっと癒したい、もっと楽にしたい、、もっとこうしたいは、
思いやりがある考えのようですが、
実はエゴの領域に入っていることに気がつきました。

癒す方法は、その人の叡智が知っている。

どこに行くべきか、何をすべきかも
みんな知っている。

徹底して、それを信頼すること。


ボディワークは私自身のために受けましょう。

自分が透明のパイプであるように。

コントロールを手放す。
何かをなしたいという思いを手放す。
今あるものをいとおしむ。

昨日、私は無意識カードとして、Hanged Manが
でていました。

すべてを委ねる。

すごい考え方ですよね。

すべてを委ねるために、
余計なものはみんな捨てます。

しがみついている手を放して、
てのひらを太陽に向けます。

まずは、そこから。


今日は、埼玉に行ってきます。
ボイジャータロットのマンツーマン講座。
一対一はなかなか深いものがあります。

おうちを貸してくれた友人に感謝です。

今日一日が素晴らしい日でありますように。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-10-05 07:36 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧