そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2010年 10月 10日 ( 2 )

感情を学ぶ―怒り

f0228000_1932091.jpg


皇帝の感情のカードは怒り。

自分の組織を築くことが大使命と感じる皇帝は、
常に、社会や体制に怒っています。
その怒りが、自分の帝国と作り上げる
エネルギーになるのです。

先日のスクールで、このカードを
しっかり感じてみました。

怒りのエネルギーは、それこそ、
ガラスのグラスを破壊するほどの強さです。

だから、誰かにぶつけるよりは、
前進のエネルギーに変換した方がいい。

では、その変換方法は?

カードをよくみると、ガラスの器はこなごなですが、
土の器はそのまま。
確かに、焼き物は土が火によって変容するのですよね。

土のエネルギーは、非常にどっしりしています。
グラウディングしているエネルギーは、
火の熱さに壊れることなく、
かえってあるかたちとなって現れます。

この土のエネルギーはワールドのエネルギーで、
つまりは行動です。
怒りのエネルギーは、行動に変換するとよいのです。
だから、前進のエネルギーか。

とりあえず、散歩でもジョギングでもいいでしょう。
運動は、運を動かすといって、
変化の呼び水となってくれます。

小さな行動は、実は大きな行動の象徴なので、
現実はちゃんと動き始めるのです。

真っ赤なエネルギー、熱いエネルギー。

でも、遠くには開けた空が見えています。

スピを頑張っている人は、怒りの感情を
押さえ込んだり、認めなかったりします。
でも、そうすればするほど、実はそのブロックは
大きくなってしまうのです。

ちゃんと認めて、そしてそれを前向きに使う。

まずは、そう意図すること。
そして、小さな行動を起こすこと。

それが、怒りを変換するコツだといえます。

怒っていいよ~
だって、私たち人間だもの。
怒っている自分を認めることは、
自分に正直になる、大きな一歩だと思います。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-10-10 19:44 | 日記

わたしたちには無限の可能性がある 大アルカナ21 Universe

f0228000_962924.jpg


「わたしたちには無限の可能性がある」

これってよく言われていることですね。

でも、実はそうなんだなということが、
最近、本当によくわかってきました。

私たちは、自分が扱える現実を望み、
自分が使う言葉で、あるいは見える視界で、
世界を限定しています。

あとは、この世界のルール。
集団無意識。
でも、これも受け入れたから、現れているのです。

だから、私たちが体験しているのは、
それぞれが許可した宇宙なのです。

実は、人生は体験によっての
制限はずしなのかも知れません。

だとすると、新たに知ることは少なくて、
殆どは、いらないものを捨ててる人生に
なるのかも知れませんよ。

つまりは、体験も選ぶということ。

宇宙はシンプルにも、複雑にもなってくれる。
それは、私たちの考え次第ですね。

あまりに大きなものは、私たちは理解できない。

だから理解できるようにある制限を
かけているのがこの世界。

見える世界に、使うことばに
意識を向ける。

本当に私たちは宇宙を見ているのだろうか。
本当に私たちは宇宙を語っているのだろうか。


いやあ、今の私ではそこまで。

また、体験し、そして自分の制限をはずして、
新たな世界を見ようっと。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-10-10 09:28 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧