そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 01月 09日 ( 1 )

朝方の夢 ワンドの子供 Seeker

f0228000_954492.jpg


朝方、見た夢です。

小さい頃の甥が出てきました。
すごく楽しそうにしていました。
小さな動物をかわいがっていて、なぜか、
虎もいたりして。

甥は、川崎に住んでいるとき、
よくうちに来ていました。
仕事を辞めた後の私は、
保育園の送り迎えをしたり、
休日は1日一緒に過ごしたりしていました。

甥はうちが大好きでした。
迎えが来ると「帰らない「帰らない」と
隠れたり、泣いたり。

甥は、赤ちゃんのときから、なぜか、
私に深いシンパシーがあって、
ろくに会ってないのに、
いつも「抱いて」「抱いて」と手を伸ばしてきました。

川崎に来てからは、
妹に自転車に乗せられてやってきて、
うちのマンションが見えると、
自転車から飛び出さんばかりに
躍り上がって、喜んでいました。
ベランダに出て、その様子を見るのが、
大好きでした。

一緒にハワイにも行ったし、
ディズニーランドにも何度も出かけました。

等々力緑地の公園は、お散歩コースでした。


その甥が、結婚するのだそうです。
その話を昨日聞いて、
そんな夢をみたのでしょうか。

夢から醒めた私は、
ふっと感じることがありました。

ずっと、甥の面倒を見てきたんだと
思い込んできましたが、
母が亡くなって、コントローラーを
失った私は、生きがいみたいなものが
なくなっていました。

それは、直後より、日々深くなっていた。

母の臨終のことを夢に見ては、
泣いて目覚めるという日が続いていました。

母はあまりに突然亡くなったし、
病院を移すとか、もっと手を尽くせたのではないかという
深い後悔があって、
私は心深くで、自分を責めていたと思います。

また、私はそのとき仕事も辞めてしまっていました。
生きがいでもあったその場所を去る決心をしたものの、
そこが自分に必要ないと思うには、
あまりに長く関わってしまって、
辞めた自分をなかなか受け入れられませんでした。

小さな甥の魂は、私を助けに来てくれたのかも知れない・・・。

今日、目が覚めたときにふっと思いました。

そうだったかも・・・。

今日引いたカードの子供たち。

小さなときの甥にみえます。

「ちゃあちゃん、元気になって。
僕はちゃあちゃんが好きだよ、必要だよ」

そのうち、私は娘を妊娠し、
新しい流れがはじまりました。

そして、甥も引越し、なかなか会えなくなったのですが・・・。

甥と過ごした日々は、いまでも生き生きと
私の心に残っています。

死と生。

失ったものと、目の前で育っていくものと。

ぐいぐいと成長していく生が、
別れの悲しさや自責の念を癒し、
忘れさせてくれたのだなあと思います。

ひろ、幸せになってね。
あのときはありがとう。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-09 10:14 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧