そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 02月 13日 ( 2 )

なくて七癖

今日、私のスクールから3人目のプラクティショナーさんが
誕生しました。

おめでとうございます!

ボイジャータロットは、作者ジェームズの精神で
自由を尊重しています。

カードにはそれぞれ意味があるけれど、
意味よりも、そのときに感じることが一番大事。

ということは、リーダーの直観にまかされている。

感じること。それに謙虚になること。

どんな人にも多少の偏りがあります。
なくて七癖ということわざがありますが、
癖は、つまりは個性です。
その人らしさ。

でも、リーダーになって、
相手の方をリーディングするときは、
強い癖は邪魔になったりします。

その癖に気づいているかどうか、
それがとても大事なのです。

癖のない人はいないし、
癖があるからこそ、個が引き立って
魅力的です。

でも、その偏りが強すぎると、
カードの叡智に届かないこともある。

私も、そういうときは、原点に戻ろうと、
解説書を読んだりします。

「このカード、いつもこう読みがちだけど、
こんな意味もあったのか」

そういう発見があると、自分の枠が広がるのです。

それこそが、本当の自由。

自分で感じている世界が、
実はそう広くないことに気づくことが
気づいて、より広く感じようとすることが
本当に大切なんだろうと思います。

私たちは、可能性に満ちた存在。

もっともっと広がって、大きな視野で、
高い叡智で、リーディングをしようと、
そう望んでほしいなあと思います。

ああ、だからFool-Childか!
可能性は無限大。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-02-13 17:30 | 日記

新しい流れがはじまる 大アルカナ0 Fool-Child

f0228000_864573.jpg


昨日、大アルカナ21で今日は大アルカナ0。

新しい流れに入ったのかなあと思います。

昨日、会ったお友達がセドナに行くことを決心しました。
それは、本当に面白い流れでした。

そして、そこから止まっているように見えた計画も流れ始めました。
まるで、彼女の「Yes」を待っていたかのように。

いよいよ始まるなあという感じ。

それは、まさにFool-Childのエネルギーです。

エアが決まり、やっとチケット予約へ。
さあ、はじまるぞ!

その前に、今日はプラクティショナーの認定テスト。
その始まりでもあるのでしょうか?
[PR]
by laetitia-takako | 2011-02-13 08:14 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧