そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 04月 11日 ( 2 )

私たちの未来を守ろう 【転載】

妊婦さんと赤ちゃんを守るプロジェクトの紹介です。

子供は私たちの未来そのもの。
安心して生まれてくる環境を提供したいですね。

転載します。

【被災地の妊婦さんに安心なお産を!プロジェクト】

~ 御知り合いの方が いらっしゃいましたら ~
いつも皆様方の為に、本当に、有難う御座います。
我が心友より情報提供が有り、共有し、
どなたかの御役に立てたなら幸いです。

「被災地の妊婦さんに安心なお産を!プロジェクト周知のお願い。」

誰か被災地の妊婦さんやそのご家族、
知人に知り合いがいたら…お知らせしてあげてください。
ちょっと長いですが、趣旨が伝わるよう全文転送します。

☆東京助産師会 「東京里帰りプロジェクト」 http://www.satogaeri.org/
『東京里帰りプロジェクト』は、
「寒い被災地にいる妊婦さんや赤ちゃんに一刻も早く安心できる環境・
温かいお部屋と食事を!」をスローガンに、
東日本大震災で被災され、
東京に避難を希望する全ての妊産婦さんが東京に避難し、
安心して産前産後の生活を送れるよう、
東京都助産師会を母体として始動したプロジェクトです。

☆被災地の妊婦さんへ☆
妊産婦さん事前確認事項
対象は、妊娠中~産後1年までの被災者の方です
(上のお子さんがいらっしゃっても大丈夫です。ご家族で、という方もご相談ください)

◆出産:
出産は、助産院または提携産婦人科でできます
(出産一時金制度の救済策により、
妊婦さんはどこでも42万円で自己負担なくお産が可能です。
42万円には通常の4泊5日入院費用も含まれます)。
◆産後入院:
通常の4泊5日入院以降の滞在(産後入院)を、助産院でできます。(2-3週間を想定)
被災地でお産をした場合や、提携産婦人科でお産をした場合でも、
産後入院は助産院で可能です。
産後入院費用は、1泊2千円で3食付、
産後のケアを受けられます。
支払いが難しい場合は基金から全額充当することも可能です。
出産~産後入院中は助産師が24時間常駐です。(妊娠中・ホームステイ中も助産師による出張ケアあり)
助産院滞在中に、お住まいに戻られる方、
都営・県営住宅の空き待ちをなさる方、
一般家庭にホームステイなさる方、のご希望を伺い、
おひとりおひとりの希望に沿った案内をさせていただきます。
◆一般家庭のホームステイ:
受入家庭からは、プライバシーを守れる個室をご提供いただいております。
ホームステイは、1日2食付、
日常生活に必要な道具は共用で使用でき、
無償で受け入れていただきます。
出産直後の「産褥期」は、
妊娠・分娩によって生じた全身の変化が
徐々に妊娠前の状態に回復する大事な期間です。
赤ちゃんのお世話をする以外はとにかく横になり、
寝たきりでしっかり体を休めることが不可欠です。
出産時、母体からは、赤ちゃんのみならず、
胎盤や血液や羊水が一気に出ます。
ホルモンの状態も大きく変化しますし、
出産後1ヶ月近くは「悪露」といって子宮からの出血も続きます。
日本では古くから産後の過ごし方について
「二十一日間は安静にし、水仕事等も避けるように」と言われていますが、
その言葉に従い、少なくとも産後3週間は、
「見た目が出産前と変わらないし動けるから」と軽視せず、十分な養生が要されます。
とりわけ被災された妊産婦さんは
非常時の身体的・精神的ストレスがある中、
安心する生活を送ることができるよう迅速に配慮する必要があります。
自然で満足なお産をサポートする心強い味方となるのが、
助産師が営む出産施設である助産院です。
助産師が、妊娠~出産~産褥の経過が正常であることを判断しながら、
アットホームな雰囲気の中、親身に母子のケアにあたります。
助産院で取り扱えるお産は正常妊娠・分娩に限り、
妊娠中期と後期には提携している
嘱託の産婦人科医師の診察を受け、正常な経過を確認します。
(妊婦さんは、東京移動後に健診を受けていただき、
必要に応じて提携病院でのお産となります。)
お気軽にご相談ください。

HP http://www.satogaeri.org/

避難を希望される妊産婦さん、ならびに
本プロジェクトに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
住所: 〒112-0013 東京都文京区音羽1-19-18 財団法人 東京都助産師会館 2階
一般社団法人 東京都助産師会
東京里帰りプロジェクト事務局 担当:丑田
080-3915-9923 (10:00 ~ 16:00)


☆是非、同級生、子育てママなどに転送願います。繋がることで、妊婦さんに知らせることができます。また、この寄付・物資の御支援もよろしくお願い致します。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-04-11 19:17 | 日記

ぶれないように自分をまもろう クリスタルの女性 Guardian

f0228000_411999.jpg


余計な雑音に耳を貸さず、
(とはいっても雑音は自分の頭で聞こえるのですが・・・)
自分自身をしっかり保とう。

HPのリニューアルに取り組んでいます。

ボイジャータロットのリーダーとして、
HP作りをしてきましたが、
そこだけにこだわるのでなく、
ボディワークもヴォイスヒーリングもクリスタルボウルも。
アロマやレインドロップなど、
さまざまなものをツールとして、
総合的にバランスをとるということを目的に、
作り直す予定です。

海外ヒーラーの紹介もその一つで、
リーさんの窓口にもなる予定です。

そんな感じなので、自分の動きを
なにか言葉にといわれて、頭をひねっているのですが、
呼吸と祝福。
breathing blessing
いいなあと思っていたら、
娘が一言。
「自分がちゃんと発音できるものにしたら?」

確かに・・・。この二つを言い分けるのはハードル高し。

しかも、略すとブレブレ・・・・。
これはどうなんだろう。
ブレずブレずと言いたいところ。

そこが決まれば、ページ全体もまとまってくるし、
原稿も書き直しやすいのだけど。

あ、そっか。

ヒントに一枚ひいてみよう~

クリスタルの子供!

f0228000_4195084.jpg


このカードの中にヒントがあるかな~
ちなみにジェームスがこのカードにつけた
タイトルは宇宙の卵。

カードしたの子供の手のひらに、
これから孵ろうとする卵が乗っているのです。
好奇心、ワクワク、子供心、宇宙。

うーん、気分はわかってきたけど、
まとまんね~
[PR]
by laetitia-takako | 2011-04-11 04:21 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧