そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 05月 02日 ( 5 )

今日のチネイザントリートメント

f0228000_2118329.jpg


これは、恵さんからいただいたデザートローズ。

古いパターンを解除したり、不要なエネルギーを
解放したり。
かなりパワフルなパワーストーンだそうです。
新月の前日、時期としてはぴったりなときに、
やってきました!

さてさて、石はどんなサポートをしてくれるでしょうか?

今日のチネイザントリートメントでは、かなりエネルギーが
動いた感じがしました。

ハワイのヒーラー、ジョセフに「ヒーラーは自分のトリートメントを
怠らず、しっかりマッサージを受けること」。
そう聞いてから、恵さんのネイザントリートメントを受けていました。

恵さんのお引越し、そして、震災とあって、
しばらく空いてしまいましたが、
今日はSちゃんと一緒に行ってきました。

玄関にはセドナのベルロックの写真。
そして、セドナの赤い石がお出迎え。

部屋に入ると、入荷にワクワクしたという
アメトリンランプが可愛く3つ並んでいました。
一つは早速売り切れ。
Sちゃんは、そのアメトリンとローズクォーツに
魅かれていました。

私は天青石にハートを持っていかれ。

いつもながら、ここのパワーストーンは
素晴らしいです。
私は、ブレスに興味がないのですが、
思わず目を奪われるようなものが並んでいました。

集まった石は、前のサロンより、さらにクリアで、
繊細な感じがしました。
大きさもあって、かなりパワフル。

そんな中でマッサージ。

今日は、からだ中をエネルギーを駆け巡りました。

セドナのように作られたサロンで、
セドナのお話をいっぱいしました。

今日の恵さんのアドバイスは、
「どんな感情が湧いても、全て受け入れて」。
自分を裁かず、OKにしてとのこと。

うは!

これって、私が生徒さんに言ってることと
同じじゃないですか・・・。

自分を信じて、自分を表現すること。

ここで生きることと、ここで目覚めること。
それには、ここにいることをすべて認めて、
みんな祝福してこそなんでしょうね。

ずっと咳が続いて、深い呼吸をすると
胸の奥が苦しかったのですが、
それが、楽になっていました。

新月前日にトリートメントが受けられて
すごく有意義でした!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-02 21:46 | 日記

アメトリンランプ

f0228000_1818314.jpg

恵さんのところにあったアメトリンランプ。かなり珍しいものです。

石は出会いですね。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-02 18:18 | 日記

「鏡をみてはいけません」読後感

f0228000_15121717.jpg

Sちゃんのトリートメント待ちしながら、この一冊を読みました。

今から10数年前。うーん、20数年かな?(笑)
夢中になって田辺聖子の恋愛小説を読んだ時期があります。

最近、過去の文庫が再版され、これは読んでないかもと買っては読みを繰り返し。殆んど読んでしまってるんですけどね〜

でも、人生いろいろ体験した後で、その感想はかなり違ってきています。

ヒロイン野百合は、子持ちの律と同居をはじめます。一緒に暮らし、10歳の宵太に情が移り始めたとき、律の元妻やら、元恋人が彼女の心を乱します。

私は律の何なんだろう。私はなぜここで朝御飯を作っているんだろう。

そんな野百合の揺れる心は他人事ではありません。
律がはっきりしないからだよなあ。わかりにくいったらありゃあしないよ。

でも、最後に律はこういうんです。
「いっしょに朝めし食うてる仲の人間は他人やない」これでハッピーエンド。

私は、宵太と野百合のさらっとしながらも、情が移っていく描写が好きでした。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-02 15:12 | 日記

浅草にやってきた!

f0228000_12385970.jpg

f0228000_12385916.jpg

すごい人出です。

日本語でない言葉が飛び交ってます。パワフルですね〜

今日は恵さんのトリートメントに来ました。先に浅草寺にお参りします。

母が大好きだった場所。だから、何度か一緒にきました。

日頃は全然感じない母の気配をここに来ると感じます。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-02 12:38 | 日記

星空を見る ワールドの2 Reflection

f0228000_8172941.jpg


小さいとき、プラネタリウムを観るのが
大好きでした。

母のお姉さんが明石に住んでいて、
私は幼稚園の頃から、休みごとにそこに
遊びに行っていました。

仕事で忙しい母が、少しでも他の体験をと
送り出してくれたのだと思います。

明石には東経135度の子午線が通っており、
そこに明石市立天文科学館があります。
プラネタリウムはそこにありました。

人口の宇宙を見上げながら、
ギリシャ神話の、星の物語を聞く。

叔母の家に行ったときは必ずここに行きました。

夏の三角形の話や、オリオン座の話。
そして、柄杓形をした北斗七星と北極星の話。

ほんの小一時間のことでしたが、
私にとってはどんな旅行よりも壮大で、
そして、とにかくわくわくする旅でした。

明けの明星が見えて、空がほの明るくなってくると
宇宙の旅はおしまい。
あー、もう終わっちゃうという切ない気持ちは、
今もリアルに思い出せます。

子供が生まれてからは、よく、渋谷の東急にあった
プラネタリウムに連れていきました。
だから、親子二代の天文好き。

娘ができるなら天文科学館に勤めたいというのは、
間違いなくDNAだと思います。

連休の真っ只中。

都内は幾分車が少ないでしょうか?

今日は、ゆっくり星を見上げてみよう。

そして、遠く宇宙を感じてみよう。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-02 08:28 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧