そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 05月 12日 ( 4 )

自問自答 答えがピッカーン! 目覚めとは・・・

f0228000_16285032.jpg


写真はサボテン水晶。
アメトリンです。セドナのクリスタル・マジックで購入。

今朝、書いた混乱に、答えがピッカーンと
やってきた~

ふう・・・。

そうか。

「ア・コース・イン・ミラクルズ」は、この人生を
より良くするという方法じゃない。
目覚め、悟り、なぜ、私たちがここにいるのか、
輪廻の夢から醒める方法。

より良い人生は、からだの感覚。

そこから飛び出す方法が、目覚めや悟り。

そこをごっちゃにすると、今、何をしたらいいか、
わからなくなってしまうんだな~。

ああ、すっきり。

そんなことを考えていたら、Sちゃんから電話。

先日、恵さんのところに行ったとき、
なかなか引越しが進まないという話だったけど、
それが動き出したそう。

自分の選択だけではない問題があったのだけど、
すんなり。

「やっぱり動き出したね~」

あのときのアメトリン、大きなスイッチになってくれましたね♪

聞いた私もとっても嬉しくて、
すごくワクワクした~

これは、より良い人生を生きる感覚。
からだが感じる幸福感。

細かく整理してみましたw
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-12 16:39 | 日記

@金沢 くれなずむ夏至の空気に浮かび上がる音-本多千紘ソロコンサート

本多千紘さんは、ボイジャーの生徒さんです。

とてもピュアで、とても繊細。
それでいて、土着な野生児のような、
根っこの太さを感じさせる人でもあります。

彼女は、そのたたずまいの中で、
もうすでに音を奏でている人でした。

私は、まだ、彼女のピアノを聴いていません。

でも、彼女と一緒にいると聞こえてくるのです。

感情で押し流したのではなく、
ひとつひとつが大切に際立ったつぶつぶした音。

7つの音の面白さ。
その倍音の広がり。

その千紘さんのソロコンサートが開催されます。


※              ※               ※               ※ 
以下、ご自身の紹介文

金沢は蛍庵 でのソロピアノコンサートをさせていただくこととなりました。
蛍庵は築80年の古民家。いまだにソフトバンクのアンテナを立ててもらえない秘境です。

曲はラヴェルの鏡のほか、バルトークの小品、自作の小品など(まだできてない、、)予定。

また、カージーズのキャンドルデコレーションとコラボレーション予定です。
空き缶から作られたとは思えないドラマティックな作品の数々は
当日お買い求めいただけます。どれも手作りの一点ものです。

くれなずむ夏至の空気に、浮かび上がる音と影の物語を。。。


2011年6月25日 19:00~

本多千紘ソロピアノ

チャージ 1500円


音楽工房 蛍庵 
〒920-0825金沢市釣部町チ10番地
TEL & FAX:076-253-1696
E-mail: ueno(あっとまーく)hotaruan.com
(あっとまーく)を@に読み替えてください。

※              ※               ※               ※ 

彼女のアメブロです。
光の音 闇の音
http://ameblo.jp/hohoave/entry-10887751667.html
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-12 13:11 | お知らせ

真央選手のチャリティ本

震災後、さまざまなチャリティがあって、
出きることを無理せず、長く続けていきたいと思っていました。

浅田真央選手は、学研から収益を寄付する
チャリティ本を出版するそう。

これは、素晴らしいプランですね。

さっそく申し込みました。

このアイデア、私、かきたてられます。

私にも何かできるかも。


ちょっと、いろいろとアイデアを練ってみよう~

チャリティ本はこちら


http://www.gakken.jp/book_for_charity/
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-12 12:38 | 日記

感覚と超感覚と ワンドの女性 Sensor

f0228000_8144170.jpg


もしかすると、変容の段階はいくつかあるのかも
知れませんね。

私は、感じること、そして5感を超えて感じることを
とても大切に考えてきた時期があります。
そして、今でも、それは自分の中に残っています。

自分という感覚を麻痺させて、
誰のための人生だかわからないような生き方を
しているとき。

そして、その生き方から抜け出そうとしたとき。

自分が感じていること、感じていることを超えて、
導かれることをとても頼りにしてきました。

自分の人生の羅針盤のようなものでした。


でも・・・。

ア・コース・イン・ミラクルズで、
この世界は幻想、からだも幻想と
知ったとき、
それはとても深い納得だったのだけど、
さて、この大切にしてきた羅針盤、
それをどう扱っていいものやら・・・。

今の私は少し混乱しています。

幻想は、幻想を解放するために存在する。

ただ、また新しい取り決めごとを作って、
批判したり、判断するのではないんでしょう。

自分を裁くために、この考えを取り入れたのではないから。

肩の力を抜いて、感じることをただ、楽しむ。

でも、それを判断基準にして、自分や他人を
批判したり、判断したりする材料にはしない。


ああー、そうか~

ちょっとだけわかりました。

こういうふうに、何が正しいかを追求してしまう、
私のカチコチさを赦さないとですね~
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-12 08:26 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧