そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 05月 30日 ( 3 )

ボッケンナウトジャスパー

13の月の暦では、今日から水晶の月だそうです。

水晶の月は、他人に対して心から尽くすことで、
周囲の共感を得て、共に作業を行う月です。

周囲の人間関係や自然に対して献身的になり、
互いに共存していくために自分の目標を普遍化し
結晶化してまとめ上げるという月でもあります。

さて、その水晶の月に―。

ボッケンナウトジャスパーを紹介します。

f0228000_1712744.jpg


ぼけててきれいに写せていませんが、
つやっとして、手触りのひんやりした石です。

ボッケンナウトジャスパーも、メロディさんが名づけた
グランドフォーメーションの石です。

ボッケンナウトジャスパーは、南アフリカのボッケンナウト近郊より
産出されることからその名がつきました。

ボッケンナウトジャスパーは、
地中にあった水晶の結晶による洞窟状の空間が、
地殻の変動によって崩れ、ジャスパーに取り込まれながら
また、長い長い時を経て、ひとつの石として再構築されたと
考えられているそうです。
そしてこのジャスパーを母岩として、その上にスピリットクォーツが
成長を始めたようで、ジャスパーと水晶が
一つの塊の中にある形態は非常に珍しいといわれているそうです。


目覚めの石、ガイドの石、そして美と愛の石といわれ、
すべてのチャクラに対応するといわれています。

ヒーリングやプロテクションのツールとしても
素晴らしい効果のある石だそうです。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-30 17:13 | 日記

みなとみらいです!

f0228000_12255294.jpg

雨上がり。
横浜の空もこんなにきれいだ!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-30 12:25 | 日記

私は何がしたいのか ワンドの賢者 Seer

f0228000_882293.jpg


昨日、スピリチュアルなことに興味を持ち始めたときに、
であった方の近況を聞いた。

銀座でセッションルームを持ち、
ご自宅があって、今は大家さんの顔を持つ。
それがひとつの夢だったそうだ。

夢を現実にするのはステキだ。

何でそんな話になったかというと、
私が、スペースが欲しいという話をしたから。

帰り道、考えた。

私のしたいことは、スペースを持つことだろうか。

スペースがあれば、私はかなり満足するのだろうか。

それは、わたしのハートの夢か。

今回、大阪でア・コース・イン・ミラクルズを
テーマにしたお茶会をする。
そのこともすごく嬉しいし、
翌日、翌々日、クリスタルボウルの瞑想や
ボイジャーの体験会をすることも嬉しい。

そして、昨日のようにイベントに出かけて、
そこで出会う人のサポートをすることも好きだ。

確かに、スペースがあったら便利だけど、
スペースがないと出来ないということではない。

スペースは必要だったら、きっと与えられるのだと思う。

そう考えれば、私のしたいこと、
夢はもうすでに叶えられているように思う。

自分自身の目覚めと、そして、つながる方々の
目覚めのサポートと。

時には、お互い投影が起きて、
相手のことが受け入れ難くなるような
プロセスも訪れるのだろうが、
それも、また夢の中の段階である。

私たちは変容を続け、
そして、決して変わらないもの、
永遠に続くものを見つける。

目覚めのプロセスは多種多様で、
それはその人自身のもの。
私自身は、導くことも道案内することも
実はできないと思っている。

できることは、励ましと祝福と。

私は、生涯、それを続けていく。
私は私の道を歩みながら。

それが、私のハートの夢だ。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-05-30 08:19 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧