そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2011年 09月 25日 ( 3 )

ジェームスのスクールを終えて

f0228000_20485793.jpg


2日間のボイジャータロットの講座が終わりました。

カードの作者、ジェームスが来日して直接教えてもらった二日間。

ジェームスのエネルギーに触れられることが、
もうギフトだったから、私は、一生徒として、
自分を精一杯表現しようと思っていました。

大きく見せるのでも、縮こまるのでもなく、
等身大の私を私らしく表現しようと。

それは、十分出来たなあと思いました。

そして、2日間のセッションカードも、
まさしくそんな感じ。
十分成長して、レベルアップが来たようです。

最後に、えみさんのご好意で、ジェームスに直接、
サイトへのインタビューができました。

t-lightsメンバーのmayacaさんが通訳してくれたのですが、
ジェームスが話すことが、次々に理解できました。
二日間の濃いふれあいの中で、ジェームスとつながっていました。

以前、海外ヒーラーをインタビューしているとき、
調子がいいとそういうことが何度かありましたが、
今日もそんな感じで・・・。

ことばを超えて、深くジェームスを理解できたような
気がしました。

疲れているにも関わらず、語ってくれたジェームス。
本当にありがとうございます。
不覚にも涙がこみあげてきました。

ジェームスのインタビュー、楽しみにしていてください。

感謝をかたちに変えて、私らしく表現したいと思います。
きっと、ジェームスの想い、伝わると思います!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-09-25 21:10 | 日記

伸びていくボイジャーの木

f0228000_1946226.jpg

スクールで作った私の木。
ぐんぐん伸びていけ!

どうも、テーマは直感力らしい。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-09-25 19:46 | 未分類

誰もが輝く星だから 大アルカナ17 Star

f0228000_694562.jpg


昨日は、ボイジャータロットを作った、
ジェームス・ワンレス氏のスクールでした。

彼は、このカードを「誰もが平等」、
そういう気持ちでつくったのだと言います。

彼のタロットは、コラージュという手法が
用いられていますが、
そこには、さまざまな人々がいます。
白人だけの世界でない、
アジア系の人、ネイティブアメリカン、そして、アフリカの人。

「すべての人種を超えたカードにしたんだ」

カードが生まれた1985年、アメリカ。
人種のるつぼだといわれる、この国にも、
20世紀の人種差別の気配が残っていたでしょう。
でも、ジェームスは、新しい世紀を見つめていた。

21世紀。
新しくやってくる調和の時代へ。

分離の象徴である差別感を払拭したカードは、
すべての人の内側にある、
輝く神性を照らし出しました。

「みんな星なんだよ」

その視線は温かく、観音菩薩のような慈愛に満ちています。

ジェームスでよかった。
ボイジャーでよかった。

そのことをしみじみ感じた昨日でした。

だからこそ、輝きたい。
私自身を輝かせたい。

私が輝くから、みんなが輝く。
星という存在であることを思い出し、
自ら輝くことで、他の輝きを見つけることができる。

またたく星。

宇宙の中でつながりあった星。

私も、あなたも素晴らしい。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-09-25 06:21 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧