そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

2012年 09月 26日 ( 1 )

私の情熱の向かうところ カップの10(ボイジャータロット)

f0228000_912415.jpg


昨日、吉祥寺でももよちゃんに、
私は、ヒーリングということについて
結構、長く語った。

私の想いの先に、
きちんとそのあたりのことを
講座にまとめたいという気持ちもあったりして。

癒しは、私たちが実はどんな存在か、
そのことに大きく関わってくる。

以前、取材で参加したワークショップでは、
ワークショップリーダーが、
その体験を導くことができた。

そして、必ずこういった。
「これは、もうあなたの体験です。
それは真実です。
あなたは、一人でもその体験ができます」と。

部屋の中が真っ白になってしまうこと。
参加者が白い光に包まれてしまうこと。
すべてが溶けて見えてしまうこと。

一瞬のギフト。

だけど、それは目覚めではなく、
目覚めのおまけだということも
教えてくれた。

中途半端な知識で導くことはなかった。

スピリチュアルが元手のかからないビジネスの
(そう表現する猛者もいるようです)
ひとつになってから、
お友達感覚でのワークや講座が増えてから、

そういった、いわゆるスピリチュアルと呼ぶよりは、
霊性の学びというようなワークショップは
どんどん少なくなった。

それは誰もに可能性を開いた、
素晴らしい傾向であったけど、
でも、ヒーラーの側はどうだろう・・・。

集客にうつつをぬかし、
お金をたくさん稼ぐことに意識を向け、
しっかりと自分の魂を磨くことを忘れてしまったのでは
ないでしょうか。

ストイックになりすぎることはないけれど、
外の世界に向き過ぎていると、
大切なことを忘れてしまうことも、
知っておかなければいけないことです。

私たちは自分のエゴを満足させるために
ヒーリングを生業にしているのではない。

私たちは、誰かの知る、わかる体験を奪うために
ヒーリングを生業にしているのではない。

熱い情熱は、どこを向いているだろうか。

これをやっていこうと、最初に思った、
あのピュアな想いは・・・。

思い出す。
再確認する。

自分の情熱のあるところ。

最近、私がぶれなくなったのは、
いつもそこに立ち戻ろうとするからかも知れません。
[PR]
by laetitia-takako | 2012-09-26 09:26 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧