そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2010年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

一日目終了

まだまだスムーズに話せないところもあり、

一人で受け持った時間はとても短いものでした。


今日は、やや緊張から、あまりカードを
感じることができなかったです。


明日は、あがらずに、落ち着いてやります!


どちらかというと書くほうが得意。
話すことは、もう一つ得意ではないのですが、
苦手なところにこそ、宝はあるのかも。


今の精一杯の自分を、ただ、そのまま
表現すればいいですよね。


ボイジャーを習いたいといってくださった方々、
もうちょっと待っててくださいね!032.gif
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-22 19:44

感じて乗りこえる カップの7 Fear

f0228000_7462764.jpg


昨夜から、少しどきどきしています。

今日は、レベル1で講師をするという認定を
受ける予定です。

昨日からテキストを何度も開くも、何だか不安です。

でも、ワクワクを感じたことには、
恐れや不安があるものだとバシャールは本田健さんに
語ってたな~


恐れの中に飛び込もう。

恐れも丸ごと味わおう。

その向こうにあるワクワクが、もう見えているから。


サポートにひいたカードはワールドの女性でした!

うう、時間がない。
誰か、リーディングしてくださーい!
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-22 08:13 | 日記

味わおう、そのままに カップの女性 Rejoicer



ハワイのエネルギーヒーラー、ジョセフが言いました。
私たちは、3歳から5歳の間に、もうその才能の源のようなものに
であっていると。

そのころの私を思い出しています。

屋根に上るのが好きでした!
犬を飼ってかわいがっていました!
泥でお団子を作り、ピカピカに光らせました!
石が友達で、さわり心地を楽しみました!
川で遊ぶのが好きでした!

そして、本が大好きでした!

それがいくつだったか覚えていませんが、
世界文学全集というものが家に何冊か
ありました。
中でも、大好きだったのがギリシア神話。
日曜日の朝、お布団の中でその本を
読むのが私の至福の時間でした。
他のものはあまり好きではなかったのですが、
それはもう繰り返し、繰り返し読んでいました。

多分、小学校入ってすぐか、
あるいは、小学校前のことです。

明石のおばちゃんのところに行くと、
必ず、天文台のプラネタリウムに連れて行ってくれます。

星の物語はギリシア神話です。

プラネタリウムでも、そのお話をしてくれました。


昨日、本屋さんでギリシア神話を見つけました。

今、大切に読んでいます。

嫉妬はするわ、いたずらはするわ、やりたい放題。
フリーダムすぎる神々は、でも、どこか愛おしい。
人間の前では体裁を繕うところも。

それがなぜお気に入りだったかは、
さっぱりわからないのですが、
読みながら、幼い頃のことを思い出しています。

朝、起きたときの、学校おやすみだと思う喜び。
ぬくぬくの布団の中で、大好きな本の匂いを
かぎながら、1ページずつ大切にめくる喜び。
おばあちゃんの焼くケチャップいためのごはんの
におい(日曜の朝の定番メニュー)。
オレンジのご飯の上にかけられた青海苔。
緑の色と、ちょっと磯臭い香り。
お肉の代わりにちくわが入ってた。
テレビから聞こえる、パルナスのCMのうた。
♪おとぎの国のロシアの 夢の   が運んでくれた~♪


あの頃、私は確かに幸せだった、
それがリアルに感じられました。

瞬間瞬間が、本当にリアルに思い出せました。


ジョセフ氏は、私たちのエネルギーフィールドの
欠けが見えるそうです。
それは、私たちが心を閉ざした瞬間。
もう見ない、感じないと決めた瞬間。
それをみつけたとき、私たちのエネルギーは
大きくなって、より魂につながりやすくなるのでしょう。

あなたはどうですか?

あなたの小さいときは?

悲しい思い出、がっかりした思い出の奥に、
楽しくて楽しくてたまらない思い出が
隠れているかも知れませんよ。

f0228000_961970.jpg


連続でひいたので、一番最後にしてみました~
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-21 09:01 | 日記

受け取ることの幸せ カップの女性 Rejoicer

f0228000_8293475.jpg


アイルランド在住の一人の女性の自伝を読みました。

「エンジェル・イン・マイ・ヘア」ローナ・バーン

天使を見ることができ、天使と話すことのできる女性の自叙伝です。


人生には、さまざまなことが起きるようにして起きます。
彼女もまた、そういった人生を生きています。
違うのは、幼いときに見えていた天使とともに、
その人生を歩んでいることです。
どんなときも、天使は彼女を守り、包み、愛おしみます。
彼女は、それを疑いなく信じており、
だからこそ、起きることがミラクルに変容していくのです。


そして、それは私たちも同じ。
彼女の本を読みすすめているうち、やはり天使の存在を
信じずにはいられなくなります。



空一面を覆う天使。


中森じゅあんさんの「天使のメッセージ」に、
そんな一節があったような気がしますが、
彼女もまた、何度もそういうシーンを見ています。

それがどれほどの喜びか。

身近に天使を飾るのは、天使がいるよという
メッセージを確認しているようなものかも
知れません。



f0228000_8413064.jpg

以前、リー・クックさんというエンジェル・チャネリングをする方に
会ったことがあります。彼女もまた、エンジェルを見る、感じる方でした。
それぞれの守護天使の名前やその様子を教えてくれました。

彼女がくれた情報の正確さ、そして深さ。
彼女が大好きで、電話セッションも3回ほど受けました。

リーさんは存在そのものが天使のような人でした。


彼女に会って、ああ、天使っているんだと思えました。
だって、彼女がお祈りをはじめると、私の頭のまわりだけ、
空気が変わって、本当に温かくなったのですから。


それもまた、一つの意識の拡大でしょう。


受け入れたとき、それは現れる。


空一面を天使が埋め尽くしてるの図。
想像してみてくれませんか?

きっと、あなたの顔はRejoicerの女性のような
表情になったはず016.gif
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-20 08:50 | 日記

暗闇にあるものを見つめる ワンドの7 Courage

f0228000_9453118.jpg


暗闇にあるものの姿がちゃんと見えたら、

それは恐怖ではなくなります。

見ようとしなかったり、隠そうとしたら、
そこにパワーを与えてしまうのでしょう。


まずは、それを見ること。


今の私にとって、それは父のことです。


どんどん痴呆が進む父。
老化だから仕方がないのだけど、
父の生きる喜びは何なのだろうかと考えます。
ほんの9年間、それも殆ど海の上にいた父のこと、
私は殆ど知りません。
何が好きで、どんな暮らしをしてきたのか。
私と妹を認めると、ふっと笑顔になる、
そのときしか、実感がありません。


口数が少ないうえに、どんどんことばが出るのが
難しくなって。
面会に行ってもすぐに帰れという父。
施設の人にたたかれたと告げる父(事実ではありません)。
父の心は?


私は、一日中そのことに向き合ってはないので、
本当にわかっているとはいえないけれど、
最近、介護する人の記事が気になります。
私も、父を重荷に思ってしまうことがあります。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-19 10:03 | 日記

恋せよ、乙女 Lovers

ラバーズのカードの中央には
男女が抱き合う像があります。

これは「抱擁」という作品だそう。


二つが一つになりことから、ラバーズには
恋愛という意味も含んでいます。

私は、どんどん恋愛をしてといいます。
恋愛は、ハートチャクラが活性化する
素晴らしい体験です。
あんなドキドキ、ワクワクは
そうあるものではありません。

恋愛によって、二つのものが一つになる強烈な喜び、
一つになったと信じていたものが変化して、
別れる深い悲しみを学びます。
その経験が、あなたを一回りも二回りも大きくしてくれるのです。

どんな素晴らしいセッションやワークを受けるよりも
深い深い体験になると思います。

だから、みなさんにおすすめします。

たくさん恋をしてくださいな。



自分と同じくらい、他人が大切に思えるなんて
本当にステキな体験です。

恋愛上手になって、そして、無条件の愛を
学んでほしいと思います。


もちろん、私もチャンスあるなら、
恋をしたいですね~
ちなみに、今日、髪を短くしました。
過去からの旅立ちですね!
f0228000_20495361.gif



お友達が書いてくれたお誕生日の絵。

今頃、気づいたんです。
天使さん、遅れてやってきた!
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-18 20:01 | 日記

すべてはわたしのあらわれ 大アルカナ6 Lovers

f0228000_9132579.jpg


美しい湖を覗き込む鳥と、
そこに写る鳥。

二つは一つ。


わたしは、その一部であった。

わたしはそこからやってきた。

そして、この世を二元のあらわれを楽しんでいる。


闇と光、朝と夜、高い、低い、女と男。

命あるものには必ず死が訪れる世界。

すべてはわたしのあらわれ。

すべてはひとつ。


ひとつに解け合う場所から、
それぞれの姿に分離した場所へ。

分離した場所から、
すべてがひとつの場所へ。

行きつ戻りつしながら、
わたしたちは、夢から覚めていく。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-18 09:20 | 日記

スカイプをインストールしました!

今まで、何となく敬遠していたスカイプを、
インストールしました!

これで世界が広がると思います~

近々スカイプセッションのご案内も
できるかも知れません。

楽しいですね~003.gif006.gif058.gif
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-17 19:41 | お知らせ

喜びに向かって一直線 大アルカナ7  Chariot

f0228000_9111243.jpg


今朝は、中央の鷹が目に飛び込んできました。
一直線に飛ぶ鷹。
作者、ジェームズは鷹の意味を多才になる方法と
定義づけています。

多才になる方法は、ひきました。
大アルカナ17 星です。
星は、それぞれ輝いています。
私も輝いています。あなたも輝いています。
みなが輝いている・・・。
それが、本当の私たちの姿です。


昨日の東京スピマには、さまざまな人が出展していました。
エネルギーヒーリング、チャネリング。そのあたりは人気があって、
どんどんお客様が来ていました。

かつて、私も自分がどこに行ったらいいのか、
わからないときがありました。
そして、それを教えてほしいとチャネリングや過去世回帰、
そして、ヒーリングもたくさん受けました。
大概は、取材のことが多かったですが、自分でも受けたことが
あります。

そして、わかったことは、自分のことは誰より自分が知っている、
答えは必ず自分の中にあるということでした。

ホ・オポノポノのヒューレン博士は、起きることの原因を
探すのではなく、それは記憶の再生に過ぎないのだから、
淡々とクリーニングすることをすすめていますね。

私は、やっと、そのこともわかるようになってきましたが、
少し前の私は、やはり答えを探して右往左往していた
ように思います。
多分、この右往左往も必要だったのでしょうが。
特別な私でいたかったのです。
誰かに認めてほしいと願っていたのです。
でも、真理は特別な人などいないし、
本当に認めてほしかったのは外側でなく、
私自身だった・・・。


それがわかったら、やはり後戻りはできない。


必ず、あなたの中にある答え、それを探すお手伝いを
しています。
見つけたときの喜びは、その人自身のものだから。


私の友人に、アガスティアの葉を読んでもらった人が
います。
その人は、アガスティアの葉に書いてあった、
カルマの解消の儀式を断りました。
「自分のカルマなら、自分で解消したいから」と。

その心意気! 男前ですよね。

そこまで徹底的ではないにしろ、
私たちが取り組むべきことは、自分のこと。
私たちは、さまざまなことを体験して、そして変容していきます。
だから、その変容をお互いに支えるだけ。
励ましあうだけ。

昔、マスターといわれた人がマスターに出会ったときは
どうするかという質問がありました。
さぞかし、深い話をするんだろうと思ってたら、
マスターは、ただ、祝福するだけと答えていました。


その意味が、最近、本当によくわかります。


私も、目の前に座ってくださった方の人生を
祝福するものでありたい。
相手の中の輝きを見つめ、その輝きを伝えるものでありたい。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-17 09:29 | 日記

東京スピマに行ってきました!

自分の名前で、自分が登録して行ってきた
東京スピマ。

朝、ひいたワンドの3のカード、やっぱりとても
役立ちました。
自分への思いやりが一番最初だというね!

出会いもいくつかありました。

ボイジャーを習いたいといってくださった人も
いました!


一つの関係が終われば、新しい関係が始まる。
まさに、今日はそんな感じでした。

必要な人が必要なようにやってくる。


そのことを心の奥から信じるのは、
自分への信頼しかないのだなあと
つくづく思いました。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-05-16 22:19



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧