そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2010年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧

情熱のあるところに怖れあり カップの7 Fear

f0228000_4444398.jpg


昨日から、本田健さんとバシャールの対談集「未来はえらべる!」を
再度、読んでいます。

この本は、本当に面白く、
特に、知らず知らずに縛られている観念に気づかせてくれ、
そして、そのほどき方も教えてくれます。
実は、かなりレベル高い情報だと思ってるのですが。

その中で、バシャールは、
情熱に従って生きることを話し、
そして、
“本当に情熱を持っていることには、同時に怖れも感じるものです”。

恐れを感じるからこそ、それを見なくていいように、
私たちは、あえて「別のこと」をしたりするのだそうです。

最近、私がこだわっていたタロットをするには、
数秘を学ばないと・・・。これもそうかも知れません。

それがないと、ボイジャータロットが教えられないような
そんな気持ちになっていました。
うまくいくだろうか、その怖れが、
自分をちょっと違った方向に向かわせていたのです。

このカードに出会ったとき、
「誰もが自分の中を探査し、誰もが自分の情熱の
ありかに気づき、そして行動してほしい」
そう思って、スクールを開きたいと思いました。
このカードを使って、それができるように
なってほしい。

カードはあくまでもツールです。
うまく使いこなせば、直感を磨いたり、
いろんなことができるとわかったのです。

バシャールは、感情は観念があってこそ
生まれてくるといいます。
私は、ボイジャータロットは、その観念をほどく
きっかけになってくれるものだと感じました。
感情を癒すツールはいろいろあれど、
そこを飛び越えて、観念をほどく。
これってちょっとすごいと思ったのです。


ある信念や思い込みがあって、
それが、その生まれては消える感情を生み出すのです。
怒り、不安、恐れ、悲しみ・・・。

実は、感情の動くところに観念がある

その観念に気づけば、
その感情の渦からも抜け出せるのです。
そして、情熱で、ワクワクで生きることができるようになるのです。

バシャールはこんな例をあげています。

たとえば、ある人が、
自分の中に海外で暮らしたいという情熱に気づいて、
それを実行するために会社をやめようとしたとします。

でも、その人の中で、
「生活のためにはここで仕事をしないと・・・」という
観念が変わってなかったとしたら、
ただ向こう見ずに退職するのは得策ではないと。

強い観念は尊重しなくてはいけないというのです。
それがネガティブであれ、ポジティブであれ、
強いものが実現化してしまう。
それを無視しては、進めないようなことが起きてくる。

では、どうするか。

無理のないペース、無理のないやり方で、
その観念を手放していき、
段階的に情熱に従えばいいと。

すごく腑に落ちますね。

その観念に気づくツールとして、
ボイジャータロットはよく働きます。
多分、カードを作ったジェームスが、
そこを意識していたからなんだろうと
私は思っています。

ボイジャーは考え方の癖、自分で決めた枠、
そういったものをやすやすとあぶりだしてくれます。

それが見つかって、それを変えようと決めたとき、
らくらくと行動できて、現実はさくっと変わるのです。

情熱を行動に移す前に、
あなたの中にある感情をみつめてみましょう。

その感情は、どんな観念が生みだしたものですか?

その観念は、もういらない観念ですか?

観念が見えたときは、
もう、その観念の外にいるんですよ!
観念が見えたら変化は始まっています。

変化を受け入れられますか?

受け入れられるとと確信できたら、
さあ、レッツゴー!
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-14 05:21 | 日記

人生はカスタムメイド ワールドの賢者 Master

f0228000_4412593.jpg


もうすでに身につけた技術を淡々と行うマスター。
日々に感謝し、厚みのある日常を送りながら、
その恩恵を受けるマスター。

解説の「今は、学ぶときではありません」が
ストレートに響きました。
足りないものを探すのでなく、
もう私が持っているものを、
大切にして、愛でて、それを世の中に現す。
その結果をちゃんと受け取る・・・。

そうでした。

これは、ここ数日の私の迷いへの答えです。

今は、学ぶときではない・・・。

昨日、お友達が「数秘は本を読めば
ある程度マスターできるでしょう?」と
言ってくれました。

家にあった一冊を開いて、さっそく自分の
数秘をいろいろ出してみました。

そうすると、面白いことがわかりました。

私は、とにかく1人でやりたい、自立したいという
一匹狼的な数字と、家族や仲間を大事にし、
人に奉仕するという協調の数字を持っていて、
そこにいつも葛藤しているんだということが
わかったのです。

自分でなければできない生き方をしたい。

人の役に立ちたい。

どちらもがわたしのテーマです。
人がとても気になる小心者なのに、
大胆不敵な部分もあって、
今まで起きてきたさまざまなことの意味が、
よくわかるような気がしました。

ただ、だからといって「何やねん」というのが
私の中に残った感想でした。

その傾向がわかったとして、
起きやすい葛藤や問題がわかったとして、
でも、やはり経験・体験を重ねてこその
人生じゃないか、そんな気がしてしまったのです。

どれも私。
どの私も愛おしい。

1人か、チームか、悩んできた私が好き。
どちらも生かせる道があると思うから。

この年齢になって、そこがせめぎあわず、
良い感じでバランスとれる思考が
できるようになりました。

それこそ、マスターの領域という感じがします。

自分と他人は違うこと。

自分の選択を尊重し、他人の選択を尊重すること。

そうした上で、一緒に協力し、調和すること。


数の持つ傾向はあくまで傾向であって、
やはり人生はカスタムメイドなんだということ。
だから、私は、未来予測的なツールは
私にはいらないなあ~というのが、
出した結論でした。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-13 05:03 | 日記

やってきたIllumination

カードを引いて2時間後。

ふっと心に湧いた父への思い。

何もしてもらわなかった、何も与えてくれなかった父を
最後に面倒見ることになったこと、
時々すごく不本意で、愚痴っぽくなったりしたのですが、
父からもらったものが、わかりました。

これは、私にとっては本当にIllumination。

詩の形式で表現しました。
絵本みたいになったらいいな。


         「おとうさん」
 しわくちゃの手。
 しぼんだような手。
 おとうさんの手。

 遠い日、その手が頭を撫でてくれた。
 膝にすわった私のあたまを何度も何度も。

 おとうさんの語る異国の話。
 行けども行けども果てしない海。
 何日も続く航海。

 日本を離れて何十日。
 心をなぐさめるために、買った小さな猿。
 ポケットモンキー。
 いつもお父さんの肩に乗ってたんだって。
 いたずらで、賢かったんだって。
 私の友だちにしたかったんだって。

 でも、猿は病気を運ぶからって、
 銃でうたれて海に流された。

 それが本当か嘘かはわからない。
 膝の上で聞いたずっと昔のお話なのに、
 私は映画で観たように思い出す。

「おとうさん、いろんな国に行って楽しかった?」
 一瞬、目に光が宿った。
「いっぱい行った。いろんな国に行った」

「だけど、どこも楽しくなかった…」
 目は、また光を失い、宙をさまよう。

 そんなことないよ。
 
 幼い私は、おとうさんの語る異国のお話が
 大好きだった。
 膝の上でわくわくしてた。
 おとうさんのわくわくが私に伝わってきたよ。
 だから、私、世界文学全集読んでたんだね。
 おとうさんが話す、いろんな国をもっともっと知りたかったから。

 おとうさんにもらったもの。

 幼い私のイマジネーション。
 頭の中に広がる大きな海。
 異国の香り。

 私、大きなプレゼントをもらってた。
 私の中に広がる、私の世界。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-12 08:48 | 日記

啓示を受け取り、古い観念を捨てよう ワンドのエース Illumination

f0228000_5343584.jpg

イルミネーションは、日本語訳では悟りとなっていますが、
多分、イメージとしては啓示という感じかも。

ひらめきとともに、真理がみえて、
真理を覆っていた目隠しが消え去る・・・。

ボイジャーを愛用するジョセフは、
宇宙のダウンロードカードと言ったそうです。

カードをよく見ると、現実と八方に広がる光。
光は、ものごとの本質がわかるという象徴だそう。
そして、そこに手がタッチしています。

そして、新しい観方がやってくるときは、
古い観念が壊れるときでもあります。


さて、今日、壊れるべき観念は?


タロットと数秘術には深い関わりがあります。
タロットを教えるにあたって、そのことをちゃんと
学びたいと思っていました。

しかし、本当にそうでしょうか?


きちんと教えるには何かが足りない・・・。
足りないものを補おう補おうという考え方。

果たして、本当に足りないのでしょうか?

足りないと決めたのは誰でしょうか?

何かをするためには、これがなきゃできない。
このできないという思い。

もちろん、数を学んでバージョンアップすることは
素晴らしいけれど、その奥に潜んでいるものは?

ちゃんとできるだろうかという不安。
他の人より上手に教えたいという競う気持ち。
へえ、すごいと思ってもらいたい気持ち。

みんなエゴですね!

伝えたいことは、知識なのでしょうか?

実は、生き方だったり、もののとらえ方だったり。

反面教師であっても、それも立派に教えることでは?

ちゃんとやらなきゃの奥に潜んでいるのは、
不安、恐れ、プライド・・・。

うーん、そうだったのか。

ただただ学びたいという思いと、
教師として知っておかなければという思いは
全く違ってました。

もう一度、教えるということを考えてみよう。
そして、私が今持っているものを見直してみよう。
足りないという思いを払拭してみよう。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-12 05:57 | 日記

私たちは冒険者 ワンドの子供 Seeker

f0228000_449324.jpg


子供のカードをひくと、自分の枠が一つ外れたような
感じがします。

いろいろなものを捨てて「0」 に戻っている気分。


中央にいる矢を持った子供は冒険者。

自分が何者なのか、
どこから来て、どこに行こうとしているのかを
探し求めています。

その瞳の見つめる先は、虚空か、
それとも、生きる目標か。
それすら、探している目なのか。


生きていると、いろんなことが起きてきます。

人生は自分のプランだというけれど、
こんなこと計画した覚えはないぞというようなこともしばしば。

何で、こんなことになったんだろう。
立ち止まってしまうこともあります。

でも、最近思うことは、起きていることの理由を
考える必要はないのかも知れないということ。

それは、私の無意識が望んだことかも知れないし、
また、相手の無意識の中にあったことが表面化したかも知れないし、
あるいは、前世で起きたトラブルのカルマの解消かも知れないし。

果たして、何が作用して、
ここに現実化されたかは実はわからないのです。

ただ、わかっていることは、
それは起きてしまったということ。

そして、大切なのは、起きたことをどう受け止め、
自分はどう行動するかということ。

理由を考えるのは、自分を納得させたいからに
過ぎない気がします。

自分を納得させたいというところが、
実はエゴなのかも知れない。

冒険者は進む。
道で大きなモンスターに出会ってしまう。
出てきたモンスターと対面し、知恵を絞って戦う。
そして、また、新たな旅にでる。

冒険者の出会うモンスターは、
実は、自分の中にある。
不安、恐れからくる妄想。
それが強ければ強いほど、妄想は大きくなる。

誰かに向けている不信感や猜疑心は、
実は自分の中のモンスターなのだ。

モンスターの正体を見つめること。

それは、旅の目的を思い出すことにもつながる。

大切なのは、起きたことをどう受け止め、
自分はどう行動するかということ。

その行動が愛からのものであるように。

それがエゴからくるのか、それとも愛からくるのか。

このカードには、エゴはない。
小さな冒険者の目には、エゴがない。

今日は、小さな冒険者でありたいと思います。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-11 05:11 | 日記

それでも愛を カップの3 Love

f0228000_8162837.jpg


カップからカップに注がれる花。

与える愛、受けとる愛。

闘魚は、生きる本能を忘れて群れ集う。


あふれる水、それが愛の姿。

汲めども尽きず。あふれ出すもの。


相手が何をしようが、相手が何を言おうが、
愛で包み込む。
相手(外側)を意識して、
そのことをするのは、ハードルが高いかも知れないけど、
自分を愛して、自分を愛で包んで(内側)、
それが、あふれかえって、周囲の人を包むなら、
結構簡単にできますよ。


「相手のため」という偽りでなく、
自分自身のためにすることが、
あふれかえって、人も幸せにするというのが、
愛の本質かもしれません。


今日は、たっぷりと自分を愛そう。

“I love”と言いながら呼吸するのもいいし、
自分のハートを感じて瞑想するのもいいですね。

愛は外側にはない。
あなたの中にある愛を見つけて、
それを自分に十分に注いでください。
それを自分にまとってください。
愛で自分を包んでください。

今日は、ちょっとそういう時間をとりましょう。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-10 08:32 | 日記

私は私のままでいい 大アルカナ6 Lovers

f0228000_511198.jpg


私の数秘は6です。
だから、6をひくととても嬉しいです。

あなたはあなたのままでいい、
そう認められている気がします。

さまざまに表現する私も実は一つ。

世の中にたくさんいる人々も実は一つ。

世界に現れているさまざまな事象も実は一つ。

かたちあるものは、実はかたちない一つのもの。



タロットは実は数のエネルギーの現れなんだと
思うようになりました。

コラージュ作りも、そのエネルギーの表現だとわかり、
8月に企画しているクリエイティブ講座では、
大アルカナを作ってみようと思います。

本当は、1~10のカードに限定しても
いいかなあとも考えたりするのですが。

私なら、6をどんなカードにするでしょうか?

他のタロットでは6はどのように表現されているでしょう。

6のエネルギー、今日は意識して感じてみよう。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-09 05:18 | 日記

情熱は連鎖する~ カップの10 Passion

f0228000_3593821.jpg


例えば、誰かの話を聞いて、

例えば、mixiの日記を読んで、

あるいはメールやおしゃべりで、

誰かの情熱に触れると、情熱は連鎖して、

自分の中でもだんだんに大きくなってきます。


情熱なんてわかないよという人。

ぜひ、熱く語る人のそばに行きましょう。

講演会やワークショップも、実はそういう効果が

絶大ですよね。


感情もバイブレーション。発している人のそばにいれば、

伝わってくるのは当然ですね。


そして、それをキャッチして、

自分の中で育て上げたら、

表現してください。

ことばにするのはもちろんのこと、

ダンスを踊ったり、歌ったりもいいですね~

あなたが放つバイブレーションを、

どこかで誰かがキャッチします。


きれいなものを見たら、

おいしいものを食べたら、

楽しい気持ちになったら、

感動したら、

それを表現しましょう~


今日は、熱いハートを表現する日です。


新月アップに向けて、合間合間に書いてきた

インタビューやコラム。

特に、輝くもののストーリーは、素晴らしい内容に

なりました。

自分たちでインタビューしたというのに、

テープ起こしをしては感動、

まとめては感動。

そして、友人も画像を選んでは感動、

デザインしては感動だったそうです。

石との出会いを伺うはずが、

大きな大きなスピリチュアルな目覚めのストーリー、

インナートリップを聞くことになり大感激。

それが、サイトにあがったときに、

次に、どんな旅をしていくのか、

想像するだけでわくわくします。

新月まであと少し。


私も、自分の作品をアップする予定。

まだ、書けてなかったのですが、

パッションの応援をもらって、

今日は骨組みを作ろう~
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-08 04:12 | 日記

仮面をはずして本当の自分を生きる ワンドの男性 Actor

昨日は、はめをはずすほどの行動はできず。
でも、長い昼寝をしました。
それでも、夜も早くから眠くなったので、
疲れがたまっていたのかも知れません。
はめをはずすほど、眠った一日でした。

さて、今日は?

f0228000_654521.jpg


女形を演じる人、面をつけている剣士、
かぶりものをかぶった戦士。

そして、雷があちこちに。

私たちは、世の中を生きていくには、仮面(ペルソナ)が
必要だと考えています。

でも、本当にそうでしょうか?

仮面のない、本当の自分で生きた方が、
ずっと楽ではないでしょうか?

本当の自分で生きたら、何が起きると
考えていますか?

本当の自分は、どんな自分だと思いますか?

私は、周囲に合わせることが息苦しかったので、
結構、早い段階で仮面を捨ててしまったような
気がします。
でも、すべてを捨ててしまったのではなく、
必要に応じてつけかえているような感じ。

それでも、自分のつけた仮面のイメージに
縛られているなあと思うことがあります。

今日は、できるだけ仮面をはずしてみよう。
本当の自分で思いっきり伸びをしよう。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-07 07:01 | 日記

はめをはずして人生を遊ぼう 大アルカナ15 Devil’s Play

f0228000_9422375.jpg


ここしばらくは、まじめに頑張ってきました。
文章をまとめたり、あるいは父の施設のことを
話し合ったり、見学したり。


今日は、その成果を遊びに変えて味わいます。

遊ぶ、遊ぶとことばにするのは、
根っからくそまじめなところがあるからです。

自分で決めたレールを踏み外しません。

はめをはずす。

今日は、そこを意識してみます。

自分で決めた枠の中にいれば安心です。
他人からも非難されることはありません。

でも、自由は枠を壊すことで味わうもの。


枠の存在に気づかなければ、
枠をはずすことはできませんね。

そして、どんな枠でも、自分がはめようと
思わない限り、誰かがはめることはできません。


だから、枠を見つめてはずすと決めるだけ。


枠がはずれたときは、肩組んで笑いあう
ディオニソスタちのようになれるのでしょう。

深刻さやまじめさを笑い飛ばせる一日に。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-07-06 09:54 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧