そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2010年 12月 ( 58 )   > この月の画像一覧

ちょっと怖いのか・・・カップの7 Fear

f0228000_6345760.jpg


今日、私はちょっと人に会います。

久しぶりです。
もう会わないかなあと思っていたけど、
会ってもいいかもと思い直し。

ただ、懐かしい気持ちより、ちょっと怖い。
もちろん、その人が怖いのではありません。
会ったとき、自分の気持ちがどんなふうになるのか、
それが少しドキドキなのです。

でも、このドキドキの奥に、ワクワクとかウキウキと
いう気持ちも隠れていることがわかりました。

恐れは、ときめきでもあるのか。

そういえば、そんな気持ちはずっと感じてなかったなあ。

深い海の底にいるかと思いきや、
気がついたら、海中ではなくて、
大きな波の上に乗ってたってこともあるのか。

深海の息苦しさ、圧迫感は一瞬のことで、
あっというまに解き放たれてしまうかも。

深海を創っているのは、私だしね~

それでも、オシャレしようなんていう気持ちが
湧いてくるとは・・・。
まあ、久々!

それもいいよね。
それも、人生の華やぎ。

ただし、いつまでそういう気持ちでいるのか
わからないけど。

解き放たれたら、もう味わえないのなら、
このちょっと怖さも堪能しようっと。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-17 06:44 | 日記

ひとり在ること

前にもこの日記に書いたことがあるかも知れません。

私が、スピリチュアルに出会ってすぐのこと。
Wさんというヒーラーの方に、
「三人で一緒につるむのはやめなさい。一人でいなさい」
(昔なので表現は違っているかも)
といわれました。

当時、ワークショップで出会った私と友人二人は、
結構会っていて、スピリチュアルスポットも
旅したりしていました。

その後、仕事でWさんに会ったとき、
世のスピリチュアルリーダーという立場の人は、
ひとりで受け止め、そこを乗りこえていると
おっしゃっていたので、
当時の私たちは、一人を恐れ、
一緒にいることでいろんなことから
逃げているように見えたのかも知れません。

実際、逃げていたのかも知れませんが、
当時はそういうことすらわかっていませんでした。

そのときは、そんなことをWさんに
決めてもらわなくても・・・。
反発を覚えたりもしたのですが。

時は過ぎ、今では、三人では本当にたまにしか会わないけど、
今も大切な友人たちです。
会わなくても、気持ちを確認しなくても、
信頼しあえているというか。

そして、その信頼はただ三人の間にだけに限られるのでなく、
どんどん広がっている・・・。

あのときの「つるんではいけない」という言葉は、
今は、とてもよく理解できます。

あのときは、やはり不安だから、
一緒にいよう、一緒にいようとしていたのだと思います。
ある意味、私は不安定だったと思います。
誰かにそれでいいのよと言ってもらわないといられない。

でも、今は、自分をみつめ、自分を認め、
ひとり在ることを受け入れてこそ、
本当の自分のパワーが生かせるんだということが
わかってきました。
それでいいのよは、自分で言えばいい、それがわかりました。

安心だと思いたい人間関係で、
本当は不安な自分を覆い隠さない。
それは、本物の安心ではないのだから。
何か、ことが起きたとき、
あっというまに変化してしまうものなのだから。

ゆるがない安心は、自分自身とつながること。

自分自身とつながれば、どこに飛び込んだとしても
不安になることなどないのです。

外側に安心を求めるのでなく、
内側に安心を求めましょう。

ひとり在ること。

それは、この世界で起きることの責任を
ちゃんと自分で取れるからこそ。
だから、どんな変化も受け入れられるのです。

誰かのせいにしない、世の中のせいにしない。
運命のせいにしない、惑星のせいにしない。
そりゃあ、多少の影響はあるでしょうが、
一番大きいのは、自分の意思なんです。

人生折り返して、やっとわかったあのときの言葉。

今は、Wさんに感謝しています。
あの言葉、実はずっと心にひっかかっていましたから。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-16 15:15 | 日記

ひらめきに形を与えることが成功! ワールドのエース Success

f0228000_5211618.jpg


おとといのこと、友人のおうちに向かう電車で、
ふっと湧いたひらめき。

ボイジャーの解説書を書きたいと思いながら、
まとめる軸が決まらずにいたのですが、
ふっと見えてきたことがあって、
それを中心にすえたら、すごくわかりやすいなあと
思えたのです。

トートの書を読み、そして、ジェームスの原書を眺め(!)、
私に見えてくることはなんだろうと、
数日、考えていたのですが、
私だったら、こう説明してもらったらわかりやすいよ~
それがわかったんです。

多分、他のひとからみたら些細なことかも。

でも、この私に見えてきたことが、
まとめあげようという原動力になってくれます。

基本、ひらめき派です。

いろんなこと、よく思いつきます。

でも、あまりそれを実行してこなかった。

ひらめいたところでかなり満足して、
できた気になってしまうのが
いつものパターンです。

でも、ひらめきに形を与えてこそ、
成功だよって・・・。

はい、わかりました。

そして、昨日は、レインドロップという
ヤングリビング社のオイルを使った
トリートメント方法を教えていただきました。

手技がいろいろあり、
ここでも、力任せにやらない、
リラックスして行うが繰り返され、
今の私のテーマだと再確認したのですが。

オイルに委ねる、オイルの力を引き出す、
自分が通り道になると先生から説明されて、
頭が真っ白になりながらも、
講習を終えることができました。

レインドロップを習うことは、
私のひらめきでした。
背骨にオイルを雨だれのように垂らすという
イメージは、

「これ、絶対すごい!」
そう確信させてくれました。

習って、あとはやるだけ。

ひらめきを実行に移すところまできたら、
もう、成功しているのです。
あとは、どんな表現ができるか。

基本、ボディワークは力を入れてなんぼと
思ってただけに、
力任せにやらないレインドロップは、
実は、何が起きているのかよくわかりません。

でも、このわからなさは、
今まで私が持ってなかった感覚です。

頭でわかることが大事じゃない。

感覚を開いて、それを味わってみよう!

まさに、もう、表現は始まっています。

※       ※       ※       ※

そんな感じでスタートしたレインドロップです。

帰ってきてから、娘の足を借りたり、
自分の腕で練習したり。

来週からは実践に。
今月、来月としっかり練習する予定。

手技がなくてもオイルだけで相当癒されそうですが、
練習台になってもいいよーという方は、
ご連絡ください~(たくさんのオイルを使用するので、
オイル代だけご負担していただいています)

私の手技なくても、オイルだけで相当癒されます!
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-16 05:41 | 日記

自分の考えを守ろう

f0228000_1035575.jpg

ぶれない自分は憧れです。
何を聞いても、何を見ても、自分の内側からやってくる考えを大切にすること。
この世は情報だらけだし、頭の中も情報だらけです。
でも、私たちが知ってないといけないことは、そんなに多くはありません。すべては2つのことが姿を変えたに過ぎないのです。

エゴからくるもの-分離
愛からくるもの-調和

全体、すべて、愛。

さんごを食べるオニヒトデ。さんごを守る人から見れば天敵のような存在ですが、このオニヒトデが魚を元気にする物質を分泌しているとか。
その物質があると、魚は病気になりにくいのです。それぞれがそれぞれの命を生かしあっている。

自然は調和の見本です。ひとつだけにフォーカスしても、本当の姿は見えてきません。

最近は、こういった調和とか愛を感じている人が本当に増えてきました。
調和と愛をしっかり自分の中に抱いて、それを表現していく。

表現に大きい、ちいさいはなく。
まず、自分に、そして身近な人に大きな気持ちで接する。それって、とっても素敵だと思います。
ささやかなようでも、大きな愛の表現だと思います。
昨日から、友人宅にお泊まりしています。一人暮らしなのですが、部屋のなかは、とても穏やか。部屋にあるすべてのものに、彼女の想いが行き届いている感じがします。
誰が見てるわけでなくても、誰が誉めてくれるわけでなくても、愛を楽しみ、生活している、そんな優しさに包まれます。だから、リラックスしている、私が私でいられます。癒すというのは、こういうことなんでしょうね。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-15 10:03 | 日記

愛から生まれるクリエイティビティ クリスタルの3 Creativity

f0228000_430248.jpg


大アルカナ3 女帝のクリスタル(頭脳)カードです。

愛の人である女帝の頭の中は、生み出すことでいっぱい。

かたちのない愛に、かたちを与えて、愛を表現します。

創造は、私たちの喜びそのものです。

そして、創造性の表現は、なりたい自分になる
最も早い行動だと思います。

湧き出るアイデアを湧き出るままに。
アイデアがまとまったら、形にしてみましょう。

山川紘矢さんがツイッターでつぶやいていた
来年のマンダラアートのワークショップに
申し込んでみました。
反響が大きかったろうから、
さて、受け付けられたかどうか。

鯉沼香帆さんという方のワークです。
点描でマンダラを描くというもの。

彼女のHPのプロフィールの文章に、
いたく感動しました。
彼女が伝えようとすることが、
よくわかって、ぜひ、会って一緒にマンダラを
描いてみたいと思いました。

トップページのシャスタの写真にも
魅かれました。

10年くらい前から、スピの世界でライターをしてきて、
セドナ、シャスタ、インド、チベットそしてフィンドホーンというのは、
私にとって大きな意味を持つ場所です。
インタビューする方々が口にしてきた
場所でもあります。

来年は、心魅かれるものの、
行ってはなかったそういう場所にも
出かけてみようと思っています。

今までは、「それは無理」と思っていたことが、
どんどん実現していく。
来年はそんな行動の年になればいいなあ。

マンダラを描くのも行動の一つかも知れません。
そういうワークを受けるとか、
改めてやってみるという発想はなかったから。

やりたいことをどんどんやる。
いやあ、楽しみな人生です。

今日は、大好きなアンマのこの一言を

「思うままに愛着を感じ、また同時に心を離しなさい。
行動し、手放して前進し、また行動して手放す。その繰り返しです」−アンマ
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-14 04:47 | 日記

体験しわかったことを伝えよう ワンドの賢者 Seer

f0228000_6435132.jpg


最初に迷ったカード

f0228000_6443312.jpg



迷ったので、迷ったカードも出してみました。

私が歩んできた道は、ずっとスピリチュアルだったのかな
と思います。
というか、ずっとその道を求めてきたと思うのです。

小さいとき、私は誰かが自分を見守ってくれていることを、
本当にまっすぐに受け入れていました。

それは、父が母に手をあげるたびに、
自分が逃げ込む世界として
感じていたのかも知れないけれど、
すごく怖くて、心臓が口から飛び出しそうでも、
どこかで「大丈夫」なんだと感じている
自分がいたのです。

その感覚は、結構長く続きました。

私は守られている。

でも、本当だろうか。

疑問が湧いてきました。

そこに、私だけが特別という、ちょっと変な感じが
あったからです。
私は特別で、私には使命がある。
そう思い込もうとしていました。

でも、すべてが溶けてしまうという体験をして、
誰もが等しく、誰もが同じだとしたら、
私は特別でなく、私の使命もない。

そして、誰もが同じという感覚を追求しました。

個と全体。
個を見て感じていたことが、
全体を感じたら消えてしまう。

じゃあ、個で感じたことは嘘なのかというと
そうではなく。

私たちの見ている世界は、
どうも平面ではなく、
幾重に重なっているのかも。
いわゆるホログラムという考えが
少し受け入れられるようになりました。

そして、
この11月、呼吸瞑想の中で、
今まで一度たりとも、私はたった一人だったことがないと
常に一部だった、常に神とともに在った、
その感覚を味わって、喜びで涙がこぼれました。

やはり守られていたのです。

でも、それは、個を感じる世界でなく、
その奥にある私だけの心の世界の中で。

だから、個として誰かと比べることの方が、
実は幻想で、深いところでは一つで、
その一つの存在が守られているのです。

その守りは、この人は善い人だから守る、
この人は悪い人だから守らない、
そういう類のものではない。

ただ、それを受け入れ、認められる人が、
その守られているという体験を
選択できるのだと思うのです。

一人と全員

個と全体

分離して分かれたものは、また一つに出会う。

うまくことばにできないのですが、
自分の中では、かなり腑に落ちて、
そのことを伝えていきたいなあと思っています。

それが調和であり、平和であり、
愛なのかなあと思うのです。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-13 07:06 | 日記

大きな変化が始まっている 大アルカナ16 Tower

f0228000_7435636.jpg


古い価値観や思考が壊れて、
変化が始まっています。

想念、想いというものが変化すると、
それが、現実を作り出し、
そして、現実も大きく変化します。

なので、このカードをひいたときは、
もう、変化は始まっていると読みます。
16は、足して7になるので、
非常にエネルギッシュで、そしてスピーディです。

私にあてはめると、どんな変化になるでしょうか。

実は、旦那がそろそろ退院の予定です。

しばらく入院していたことで、
私も彼も夫婦、家族ということを見直す
いいチャンスをもらいました。

旦那は病気になって大きく変わりました。

メールに書いてくることばが変わっています。

それによって、私の気持ちも変わりました。

ただし、それは気持ちの面です。

今度は、一緒に暮らして、暮らしの中で、
それが表現していけるのかという
課題が残っています。

せっかく感じたいろいろな気づきを、
行動に変えることが大切です。

旦那のいない生活に慣れすぎてしまって、
二人の生活を三人にバージョンアップできるか。

でも、パルティモアアリエル(春告げ鳥)が、
春の到来を歌います。

きっと大丈夫。

私は私らしく、彼は彼らしく、そして、娘は娘らしい
三人の生活を見つけることができると思います。

今日はお見舞いに行って、退院のときの洋服を届けます。

まだ、決まってはないけれど早く出たいんだろうなあ~

気持ちはよくわかります。趣味の野球の雑誌を届けつつ、
行ってくるか~

夫婦仲良く、親子仲良く。
愛は、自分から広がり、まず自分のそばへ。
ごくごく当たり前なのですが、
実はなかなか手に入れられなかったです。
でも、今度こそ、全員が笑顔のあふれる日々を。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-12 07:58 | 日記

ひんやり風が吹く のんびりな1日

洗濯物を干しにベランダに出たら、
風が冷たかったです。

3日間の埼玉のイベント・スクールを終えて、
今日は、朝からのんびりです。

ただ、自治会の新聞作りがあるので、
それをちまちまやってました。

後は、夜の会合で読み合わせするだけ。

ダウンするかな~と思っていたら、
意外に自分が元気なんで驚きました。

眠気はあるんですが、お昼寝もして、
少し解消しました

今週、半ばにレインドロップを教えていただく予定。
それが終わったら時間をとtって、
きっちりと自分なりのボイジャータロットの
解説書をまとめようと思います。

まだ、どういう形態にしたらいいかに迷ってて、
思い付きをメモっているだけ。

スクールに必要な資料も、もう一度チェックして
作り直してみようと思います。

そういう細かい仕事は、結構好き。

さて、猫のえさを買ってきて、
会合を終えたら、後はフィギアスケートを楽しむぞ!
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-11 17:06 | 日記

いろんなアイデアを寝かせておこう クリスタルの6 Confusion

f0228000_975061.jpg


スクールを終えて、いろんなアイデアが頭の中に
いっぱい浮かんでいます。

今は、湧いたままにしておいて、
時期を待とうと思います。

昨日、生徒さんにリーディングしてもらったことで、
印象的なことがありました。

新月にもお願いしていたマイスペースのこと。

今は、自分が動いていって、
必要だといってくれる人に教えていく。

導き出された答えは、とっても納得いきました。

スペースを気にして、せっかくの出会う喜び、
伝える喜びを忘れてるよ~って。

そうですね!

スパンを長ーく考えて、目の前のことを
進めていきますね!

もちろん、マイスペースがほしいという願いも
捨ててしまうのではなく。

しばらくは、じっくり寝かせておきます。
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-11 09:13 | 日記

えっバスの中に?

f0228000_743209.jpg

クリスマスツリーが飾られていました!
車体の前には銀色のリース。
盛り上げてくれますね〜

ちょっと幼稚園バスみたいですけど(笑)
[PR]
by laetitia-takako | 2010-12-10 07:43 | 日記



voyager tarot readings
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧