そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2011年 01月 ( 62 )   > この月の画像一覧

それでも私は私の道を行く ワンドの9 Integrity

f0228000_7251456.jpg


人生って面白いなあと思います。

ずっと欲しかったスペースの案内をいただいたり、
ラジオにちょっこっと出演する話をいただいたり。

私の気持ちより先に、周囲から人生が動き出しています。

確かに、そうですね。

じっと立ち止まってはいられない。



カードもまた、その通りのものがやってきました。


「あなたはあなたの道を行かなくては・・・」と。

私のペースで、私の道を行こう。

今日は、ボイジャーのワークとレインドロップを
させていただきます。

カードの背骨。レインドロップは背骨の浄化です。

心をこめてさせていただこう。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-22 07:33 | 日記

一つ壊れて、一つ生み出されるもの クリスタルの3 Creativity

f0228000_7282676.jpg


自分が何をしたいかわからない。

特に、何もしたいことはない。

もしかして、私、もう、人生を悟ってる?

いえいえ~!

長く心の声を無視していると、その声があったかすらも
忘れてしまうもの。

人のために生きるってとてもかっこいいけど、
それは自分のために生きられてこその素晴らしさ。

おととし、長く没交渉だった父の親戚から連絡があり、
年老いた父のこの先について相談されました。

私の人生の中でいないはずだった父。

ホメオパシーの取材で、由井寅子先生から、
「お父さんに会ってきなさい」と。
「お父さんのためでなく、あなたのために会ってきなさい。
死んでからでは、あなたが苦しむことになる」

つまりは、もっと子供としてできたんではないかと、
私は私を責めるというのです。
それは、私のパターンでもありました。

会いに行って、ああ、父は変わらないと。

父は父を生きている。
そして、係累を必要としない人生を選択していると
いうことを深く知ったのでした。

由井先生は、「それでいい。その人はその人だと
わかればいい」と。
「もし、父がいたら?」という問いが、
実は、何の意味もないということを受け入れること。
「もしかして、お父さんは・・・」という期待を手放すこと。

今の現実が、最高の選択の結果なんだと認めること。
その大切さを教えてもらうために、
私は父に会ったのだと思います。

しかし、それから10年。

父は老いていました。
からだもだんだん自由がきかなくなり、
孤独が身にしみていたかも知れません。
私たちに連絡をしてきました。

食事も満足に食べてない日があると聞き、
人生の終わりがこれでいいのかと思った私は、
父の身元引受人になって、父を施設に入れることにしました。

おととしは、とにかく、父と父の親戚のことで、
何度も島根に行く生活をし、
決心して、父を神奈川に引越しさせて、
そして、やっと落ち着いたという感じでした。

去年の最初、今年は何か自分のしたいことをしよう!

そう思ったとき、父のトラブルで混乱したときに、
そのことばが支えになってくれたボイジャータロットを
習おうと思いました。

そのときのカードはDisappointment。
期待するから失望するのだという、
マインドの癖を知って、
それが深く腑に落ちたのです。

期待して人に優しくして、
期待して自分の精一杯を尽くして、
そして、相手がそれに応えてくれないとがっかりする。

もう、まるっきし私じゃないですか!

カードのメッセージの深さに感動しました。

問題は、問題だと思う心に生まれる。
そうだった~!

そして、実際にカードを習いにいってびっくりしました。

カードは、私に「あなたはもうできる。一人でやれる。
したいことをしなさい」そうメッセージを送り続けてくれたのです。

ああ、そうか。

したいことがないのは、ちゃんと自分の中を見てないから。

自分の中を見るのが怖いから、
他人を気にして、その世話ばかりをしてきたんだ・・・。

私は、人生の半分終わって、そこに気がついたのです(遅!)

自分の人生を自分で創ること。

他人を言い訳にしないで、環境を言い訳にしないで、
いつも自分の心の声を聞き、行動すること。

そのシュミレーションをし、自分を大切にすることが
少しわかりかけたとき、
父が逝きました。

もちろん、現実の父は無意識であったかも知れないけど、
父が現れたのは、やはり、私にそのことを教えてくれる
ためだったとしか思えない・・・。

父に振り回されることをやめて、
私が私を生きようとしたことを、
父はきっと赦してくれると思う。

人生を創造する。

明日は、ボイジャーをお手本に、
自分のカードを創ろうというワークショップの開催で、
今日は、その準備をします。

そこでひいたCreativity。

人生を創り出す素晴らしさと喜びを、私は知っている。
私が私であることの大切さを私は知っている。

それは、父が教えてくれたことだから。

それをみんなで共有したいと思います。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-21 08:00 | 日記

今後のこと

今、一通りの打ち合わせやご挨拶をすませて、
家に戻ってきました。

月曜日に火葬をし、そして、月末、
父のふるさと、島根でご供養をしていただきます。

父を大好きな島根に連れて帰ります。
雪で真っ白だそうです。


それまでは、通常通りのスケジュールで。
22日も、25日もそのままさせていただきます。

計画したもの、お約束したものは、
させていただこうと決めました。


たくさんのお悔やみの言葉、ありがとうございます。


父の身元引受人になったとき、
父の最期を看取るのは私なんだろうと思いましたが、
肉体のあったときと違って、
父は、まるで小さな風が一瞬さっと吹いたように、
軽々と逝ってしまいました。

母も早かったですが、父はさらに早かった。

あまりの早さに、こちらの方がびっくりで、
何をしたらいいのか、何が必要なのか、
よくわかってないような状態です。

施設も方も驚いておられました。
昨日は、自分の名前を言って、38歳と
名乗っていたそうです。

大サバ!

38といったら、お父さんが離婚して
出て行く前の年だったじゃない?



父を受け入れ、理解することは、
人生の難問でした。

ついつい善人ぶる私は、
当初、かなり無理をしていました。
父はかわいそうなんだから、
頼る人は私たちしかいないんだから。
毎日のように施設に通い、すごく頑張っていました。

でも、父から返ってくることばはプチ毒w

あるとき、もうやだー!

私、善い人やめる。
お父さんは苦手だ~

私、行きたいときだけ行く、もう無理しない。
夫の病気で施設に入れないことをきっかけに、
行きたくなかったら、行かなくてもいいんだって思って、
自分の気持ちを優先するように。

私が私になるレッスンをしてくれたのかも知れません。

小さい頃の癖で父が怖くて、
父に思ったことが言えない私が、
切れてしまい、思わず怒鳴ってしまった瞬間。

振り返ればたくさんのことを与えてくれた父。

妹とわかりあえたり、
経済的な不安を解消してもらったり、
何より、とってもつらかった時期に、
たっくさんのややこしいことを持ち込んでくれた父。

あのとき、私を助けてくれたんだよね。

今だから、いなくなったから、
わかってくることがあるよ。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-20 15:45 | 日記

父、逝く

f0228000_7391388.jpg


昨夜、寝ようと思って歯を磨いていたとき、
大きなふわっとしたものが私を包みました。

それは、ことばにしたら、感謝の毛布のような感じ。
でも、もっと軽くて。

それは、私の心の中にも反応するものが
あって、ありがたい思いが共振していました。

肉体をまとった父は、なかなか手ごわかったけど、
でも、やはり私の父はあの人だって。

そして、呼吸瞑想をしていたら、
涙が次々にあふれてきました。

終わって寝ようとしたときに、
病院から電話がありました。

父の呼吸がとまりそうだと。


一時は血圧も安定してきて、体も動き出し、
かなりよくなってきたと思ってたそうですが、
オムツ交換にきたとき、呼吸も心臓も止まりかけていたと。

看護婦さんも驚くような急変。
「でも、苦しまなかったと思いますよ。
ほんの少しの時間でしたから」

ああ、だからあのとき、あんな優しいものに
包まれたのか・・・。

父への思いは、いろいろと湧いていますが、
またゆっくり書きたいと思います。

今日、明日は日記を書けないかもしれません。

22日のワークショップは、現在のところは
実行予定。
もし、変更あるときは、個々にメールさせていただきます。
よろしくお願いします。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-20 07:48 | 日記

父の急変

今日は、関内でのセラピスト新年会に
いってきました。

コラボカラーズさんが企画したもので、
楽しい出会いがいっぱいあったのですが・・・・・・・

帰り道の連絡で、いろんなことがふっとびました。

昨日までご飯を完食してた父の血圧が
一気に下がっているとのこと。

朝から、食事もとれない状態だというので、
びっくりしました。

いったん自宅に帰って、入院手続きに必要な印鑑などを
持って病院にかけつけました。

酸素を吸入した父は寝ていました。

先生によると多臓器不全なども引き起こしており、
ここ一週間が山とのこと。

痴呆でからだが動かなくなったのに、
父は強引に立ち上がったり、
蹴り上げたりを繰り返し、
転倒ばかりしていました。

怪我もたえず。

その姿は痛々しくて、
こんな痛い思いをなぜしないといけないんだろうと・・・。

もっと楽に過ごすことはできないのか。

先日も肋骨を骨折し、そう思っていた私。

突然の急変に驚いていますが、
父にとって最善の結果となりますように。
(祈り方を恵さんに教えていただきました)


私にとって大きな変化です。

とにかく今は、ただ、そのことを祈るのみ。

今、宅配便で本が届きました。

山川 紘矢さんの「死ぬのが怖いあなたに」でした。
あれこれ考える頭を黙らせるために、
読んでみます。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-19 20:28 | 日記

あまねく一切を照らす 大アルカナ19 Sun

f0228000_7274752.jpg


さすがに、昨日、元気を注入したら、
元気いっぱいのカードが出てきました!

このカードは、「私は誰?」とスクールで問われ、
初めてひいたカードです。

私の本名をご存知の方はおわかりでしょうが、
ボイジャーはなかなかいたずら好きだと思いました!

さて、この太陽のカード。共同創造とか人間関係の
カードでもあります。

私たちは、実は、一緒にこの三次元の夢を紡いでいます。
シンクロニシティといわれることは、実は、
計画通りといいなおしてもいいのかも知れません。

ただ、とうてい人の頭で計画したとは思えない、
その深い計らいには人知を超えたものを感じます。

奈良でスクールを開こうと決心した日、
奈良からメールが届きました。

ボイジャーに興味をもってくださった方が、
ブログを読んでコンタクトしてくださったのです。

「Yes! それでいいんだ」というメッセージが聞こえます。

奈良に行くことは必然だと。
それは、奈良で開催しようと頑張ってくれたMちゃんへの
「Yes!」でもありました。

私たちは、見えないつながりに接したとき、
何ともいえない満足感のようなものを感じます。
ワクワクといえばワクワクだし、
幸せといえば幸せのような。

それは、やはり、私たちが実はみんなつながって
いたからなんだろうと思うのです。


10数年前か・・・。

私は、マウイ島のアリエールに、対面瞑想で「空」
の世界に連れていってもらいました。

アリエールに「あなたは本当に天使なのよ」と
メッセージをもらったとき、
何と励ましになったことか。

そのアリエールに、やはり世界の認識を
変えるきっかけをもらったというのが、
昨日、チネイザントリートメントをしてくださった
恵さんでした。

最近、恵さんはボイジャーとマヤンオラクルを
使われるとか。

以前、私は生意気にも、アリエールに、
この解説書はあまりにわかりにくいので、
もっとわかりやすくリライトしてはどうですかと、
提案しました。

アリエールはとても困った顔をしていました。

今ならわかるのです。
そのときの私のマインドでは、解説書を理解することが
できなかったんだということが。

でも、そのときの私は、あまりに宇宙の深遠さに
アリエールが偏っているような気がして、
だんだんと疎遠に。

でも、なぜか、昨日、お腹を揉まれながら、
アリエールの話になって、
そういうことだったのかと腑に落ちたのでした。

マヤンオラクルもボイジャーも、いつも変わらずに
伝えてくれることがある・・・。

叡智は、いつ、どんなときも、
そして、誰にでも、
まるで太陽の光のように、降り注いでいるのです。

あまねく一切を照らしているのです。

その光をもっともっと受け取りたい。

今日、カードを見てそう感じました。

ありがとうございます。
何だか、そう書きたくなりました。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-19 07:49 | 日記

パワーランチとチネイザントリートメント 元気の日!

f0228000_20555347.jpg


今日は、女子会&パワーランチ会なるものを
体験してきました。

場所は恵比寿。

ステキなお料理に、ステキな女性たち。

いやあ、最近は、本当に女性たちのパワーが
キラキラです。

自分の夢に向かってぐいぐい進んでいる!

キラキラのパワーステキです。

パワーランチ会の主催は、社団法人ライフデザインプロデュース協会
ランチ会だけでなく、ブログをはじめとした勉強会、
イベントと面白い企画が目白押し。
メンバーお二人がとてもステキな女性です。
できる女の香り・・・。

ランチ会の後は、メグズサロン ナチュラルで、チネイザントリートメントを受けました。

トリートメントは、お腹が中心。
11月に受けて二度目。

ところが!

前回に比べて、お腹がすごく柔らかくなっていたんです!

多分、呼吸瞑想の練習ではないかと・・・。

かなり集中して、呼吸してますから。

呼吸はインナーヨガでもあると思っていましたが、
実際にお腹が変わっているといわれて、
とても嬉しかったです。

今日は、お腹の風門を3箇所開けてもらいました。

風門はひじを使って開けていた!

うーむ、すごい。

風門は、どの分野の門が開くかわからないのだとか。

前回、私は、どうも自分で自己尊厳と協力者の
エリアだと思い込んだようで。

お腹は、マッサージでさらに柔らかくなっています。

からだも大きく変容中!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-18 21:17 | 日記

私の本質を表現すること クリスタルのエース Brilliance

f0228000_711620.jpg


きれいなカードですよね。

いつもそう思います。

中央で輝いているのは、私たちの本質ですね。

このカードは、マジシャン(魔術師)の頭脳を表現しています。
1番バッターのマジシャンは、まさに0から1を生みだす人。
錬金術師。

空から次々に創造していく人。

1は対象も1人。意識するのは自分です。
他人がどうとか、社会がどうとか、グループがどうとか。
そういう気遣いの数字ではありません。
まず、私。

でも、日本人はこれが苦手ですね。

一人になること。
自分はどう考え、どう表現したいのかに向き合うことが・・・。

もちろん、いつも相手のことを慮り、
相手の気持ちを尊重する姿は
とても美しいのですが、それは、やはり、
まず、自分を慮り、自分を尊重してこそ、
成り立つのかなと思うのです。

f0228000_7384117.jpg



大切な人がいました。

だから、ずっと友達として仲良くしていきたかったのだけど・・・。

毎回、同じパターンになってしまう。

どうしてだろう、何だか苦しくなってくる。

そんなことを考える数日。


呼吸をして考えてみました。

大切な人だから失いたくない。

その不安と恐れが、私を縛っています。

でも・・・。

相手を気遣うあまり、私が私でいられないのなら、
そういう友人関係は意味がないのではないか。

私が私らしくいられてこその、
他人とのつながりじゃないだろうか。

おととい、メールをしました。

約束が守られないこと、
「連絡する」といって、連絡がないこと。
そういうのは、私は好きじゃないと・・・。

私は好きじゃないと。

でも、それがその人らしいのであれば、
それはそれでいい。

ただ、私はだめなんだと伝えました。

大切な関係は、お互いがそれを保とうとしなければ、
続いていかないんだと思います。
私だけが相手に合わせて努力するのは違う。

なくなったら怖い、不安だという気持ちが、
今までの関係をいびつなものにしてきたのかも知れません。



両手を開いて、手放して。

私が私でいるために手放して。

それでも、私には私がいる。

ダイヤモンドの輝きは、私の輝き。


昨日、もらったメールに通じることを、
私も体験していました。

Mちゃん、私も同じだよ。

ああ、つながってるなあと思って、
本当はシェリングするつもりじゃなかったけど(笑)、
日記に書いてみました。

Mちゃんの勇気に、私も学びました。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-18 07:44 | 日記

奈良方面にいきます!

気づきというのは、本当に素晴らしいなあと。

人というのは、気づきによって、
どんどん変わっていくんだと
今更ながら思いました。

ちょっと泣けるメールをいただきました。

ボイジャーの奈良のスクール、
もともと2名で開催予定でギリギリな感じでしたが、
お一人が本当の自分の声に気づき(これもまた、
素晴らしいことですね!)、今回キャンセルされた。

さて、どうしよう。

深い呼吸をしてみる。

うーん、中止という気持ちは湧いてこない。

奈良、行こうかな。

マンツーマンでも講座やろうかな。
私にとって、スクールは実は自分の深い学びの場でもある。

よし!
奈良に学びに行こう!

そんな気持ちになっていた。

ただ、自治会の防災訓練が重なっている。
そこだけが気がかり。

そして、メールがきた。

そこには、ついつい周りを優先して、
言えなかったその人の気持ちが
ちゃんとつづられていた。

今回、参加を見合わせた方も、
そして、中止になるかもと思って
自分の気持ちを見つめた方も、

すでに、スクールのエネルギーは
流れているのだと思った。

ボイジャーは、本当の自分の声を聞くツール。
変容は、もう始まっている。

ステキですね。

日程は、まだまだ流動的だけど、
私も心を決めた。

行動。

奈良に行くよ!

ボイジャーをひく

f0228000_212675.jpg


f0228000_21263059.jpg


混乱しつつも(笑)、子供のような無邪気な気持ちで、
魂の道を探してる。

よし!


※関西方面でボイジャータロットのスクールを受けてみたい方、
よろしかったら連絡をください。
現在の日程は2月26,27日 相談により変更可能です。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-17 21:27 | 日記

ただ、感じて喜べばいい ワンドの5 Oppression

f0228000_820878.jpg


昨日、私はハトホル聖歌隊のワークに行きました。
6回の4回目で、ワークはだんだんと内容の深いものに。

昨日は、ボイスヒーリングの練習でした。
肩に手を当てた人のエネルギーで歌を歌います。
でも、自分はただそのエネルギーを通過する人になる・・・。

私も、自分が透明の管になって、エネルギーに委ねようと
思いました。

目をつぶると、そこに白い姿の人が立っていて、
そして、その手から白いエネルギーが
流れ出ていました。

私は、そのエネルギーがただ自分の中を通っていくのを赦しただけ。
エネルギーのままに歌いました。

終わったとき、エネルギーが通った後の振動が
すごくてずっと体が震えていました。

委ねる、委ねる、委ねる。

ずっとテーマにしてきましたが、
それができたことがすごく嬉しかったです。

終わったとき、その白い人はJだと感じたのですが、
頭ではそんなことと否定していました。

暮れに、イエシュアのチャネリングを聞いたときと
同じ気持ちになりました。

それは私がそう思いたい幻想じゃない?
Jが現れたということで、私は何を得たいの?
道元は、瞑想中の聖なる姿をたたっきれといったんだよね。

いろんな判断がわいてきて、
帰ってきてからも、喜びはどこかにいって、
自分をあれこれ判断してました。

何だか、わけのわからないまま寝て、
今朝、ひいたのがこのカード。

ああ、それは私の縛りなのね。

そもそもJであってもなくても、
いいじゃないの。
ただ、そう感じたでいい。

私は、この見えないメッセージに対して、
安易に信じちゃいけないと、
自分をいっぱい縛っているんだなあ~

で、もう一枚。
f0228000_1030116.jpg


そうだ、すべては愛。受け取ったものは愛だった。

チャネリングのとき、すごい抵抗が湧いてきたけど、
この世が夢だとしたら、夢を楽しみつつ目覚めればいいと。

だから、私はそういう体験にも自分を開いていこうと。
結局は、イエシュアも私なんだから。
誰もが、神の一人子だから。

そのことを改めて感じました。

ただ、単純に導管になれたことを喜ぼう。
私を通っていったものは愛だったと。

ボイスもまた、とっても面白いです。

これも楽しんでいきたいなあと思っています。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-17 10:35 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧