そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2011年 01月 ( 62 )   > この月の画像一覧

バシャールのことば

否定的な観点も創造全体の一部であるということを受け入れると、
エネルギーのバランスをとることができるようになります。
否定的な緊張の中から
肯定的な結果を引き出すことができるようになります。 by バシャール

ツイッターでつぶやかれていた、バシャールのことば。

私の今の感覚にとても近いのでご紹介します。

生きていれば、苦しいと思うことも、
つらいと感じることも起きてきます。
時には、怒ったり、嫉妬で人がねたましかったり、
あるいは憎しみのような気持ちが湧いたり。

でも、そういう極端な感情が出てきたときに、
ぱっと蓋をしてないか、よくよく見てほしいのです。
あるいは、抵抗して、かえってその感情を強化してないか。

でも、湧き上がった感情は自分の中にあったもの。
自分の一部であり、宇宙の一部です。

抵抗しないで、なかったものにしないで、
ただ、受け止める、ああ、自分は今そう感じてると
その感情に寄り添う。

そうすると、認めてもらった感情は、
ゆっくり溶けて消えていってしまうのです。

例えば、本当は、その人じゃないのに、
感情を投影して、他の人を逆恨みしてたりだとか、
本当に怒ってるのは、感情を無視してきた自分だったりだとか、
本当の姿が見えてきて、元の姿ではなくなっていきます。

それもまた、変容です。

すべては愛が姿を変えたものだということが、
だんだんにわかってくると思います。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-11 12:47 | 日記

のんびりと・・・ カップの2 Equilibrium

f0228000_831791.jpg


今日は旦那が退院してきます。

7月の終わりに入院して、長かった・・・。

やっと、家に帰れるので、今日は、好物のカレーを
しなきゃとか、病院に比べて寒いとかわいそうなので、
暖房器具を増やそうかとか、頭の中はあれこれ
忙しいのですが・・・。

頑張りすぎると、失速も早いので、
ここは、ゆったりと、のんびりと。
呼吸とともに。

寒いので温度調節だけは注意しないとなあと
思っていますが・・・。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-11 08:34 | 日記

さよなら、横澤さん

フジテレビで一時代を築いた
横澤彪さんがお亡くなりになった。

「俺たちひょうきん族」は、どこか文化祭のような、
部活のような身内受けが多く、それがかえって、
視聴者の仲間意識のようなものを刺激した。

みんなで一緒にふざけているような、
そんな温かさとワクワク感のある番組だった。
バラエティというジャンルの誕生だった。

「ともだちのともだちはみなともだちだ。世界に広げよう、
友達の輪」
といういいとものテレホンショッキングの合言葉は、
その精神がよく現れていた。

テレビが特別な世界でなく、とても身近になった。

当時の私のボスも、その時代を謳歌していた人で、
他局ながら、ひょうきん族でも物まねされたりしてた。
私はバラエティ班の担当デスクだった。
ひょうきん族に流れていたような、
同じ温度感が私の周りにもあった。
毎日が、高校の文化祭みたいだった。


そして、時代は変わり、私も変わり。

インターネットの台頭で、テレビはかつての
力を失った。

そして、そんな時代の終焉を象徴するかのように、
横澤さんが、その命の灯を消してしまった・・・。

一度も、実際にお会いしたことはなかったけど、
ニュースを聞いて、寂しいなあと思った。

もう、あの時代は戻ってこない。

当時、私は、あまり好きな世界ではないと
思っていたけど、でも、毎日が本当に面白かった。
面白い経験をいっぱいした。

あの時代、あのとき、ありがとう。

横澤さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-10 17:54 | 日記

心のマスター ワールドの賢者 Master

f0228000_7461554.jpg


このカードのマスターを見ると、ほっとするような、
懐かしいような、その存在に癒されます。

そして、今の私にとっては、このマスターは、
呼吸瞑想を教えてくださっている由美さんや、
ヴォイスのレッスンをしてくださっている音妃さんの
イメージなのです。

大好きなことを続けながら、この世で、
たくさんの人のお手本になっている・・・。

そのマスターである音妃さんのワークショップを
ご紹介しますね。


●2011年 1月25日(火)~ 全3回

幸せ体質をつくる声と音の響宴
ライブ&ヴォイスワークショップ
音妃(ヴォーカル&ワークファシリテーター)、高橋 全(ピアノ)

1月25日(火) 昼の部/14:00~16:00 夜の部/19:00~21:00
「今ある幸せに気付く」新年のエネルギーチャージ

2月26日(土) 昼の部/14:00~16:00 夜の部/18:00~20:00
「決意と表現」コミュニケーションのヴォイスワーク

3月19日(土) 昼の部/14:00~16:00 夜の部/18:00~20:00
「自分の大切なことを再確認」意識的開放ヴォイスワーク

※3日間全回参加が、より効果的です。

会場:六本木シンフォニーホール
料金:4000円(1回)/ 3日通し11000円
定員:40名
主催:(株)コアプレックス
申込み:info@core-plex.com 045-444-8609

詳しくは音妃さんのHPまで
ステキな歌声も聴けますよ~

Voice Alchemy

[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-10 07:56 | 日記

朝方の夢 ワンドの子供 Seeker

f0228000_954492.jpg


朝方、見た夢です。

小さい頃の甥が出てきました。
すごく楽しそうにしていました。
小さな動物をかわいがっていて、なぜか、
虎もいたりして。

甥は、川崎に住んでいるとき、
よくうちに来ていました。
仕事を辞めた後の私は、
保育園の送り迎えをしたり、
休日は1日一緒に過ごしたりしていました。

甥はうちが大好きでした。
迎えが来ると「帰らない「帰らない」と
隠れたり、泣いたり。

甥は、赤ちゃんのときから、なぜか、
私に深いシンパシーがあって、
ろくに会ってないのに、
いつも「抱いて」「抱いて」と手を伸ばしてきました。

川崎に来てからは、
妹に自転車に乗せられてやってきて、
うちのマンションが見えると、
自転車から飛び出さんばかりに
躍り上がって、喜んでいました。
ベランダに出て、その様子を見るのが、
大好きでした。

一緒にハワイにも行ったし、
ディズニーランドにも何度も出かけました。

等々力緑地の公園は、お散歩コースでした。


その甥が、結婚するのだそうです。
その話を昨日聞いて、
そんな夢をみたのでしょうか。

夢から醒めた私は、
ふっと感じることがありました。

ずっと、甥の面倒を見てきたんだと
思い込んできましたが、
母が亡くなって、コントローラーを
失った私は、生きがいみたいなものが
なくなっていました。

それは、直後より、日々深くなっていた。

母の臨終のことを夢に見ては、
泣いて目覚めるという日が続いていました。

母はあまりに突然亡くなったし、
病院を移すとか、もっと手を尽くせたのではないかという
深い後悔があって、
私は心深くで、自分を責めていたと思います。

また、私はそのとき仕事も辞めてしまっていました。
生きがいでもあったその場所を去る決心をしたものの、
そこが自分に必要ないと思うには、
あまりに長く関わってしまって、
辞めた自分をなかなか受け入れられませんでした。

小さな甥の魂は、私を助けに来てくれたのかも知れない・・・。

今日、目が覚めたときにふっと思いました。

そうだったかも・・・。

今日引いたカードの子供たち。

小さなときの甥にみえます。

「ちゃあちゃん、元気になって。
僕はちゃあちゃんが好きだよ、必要だよ」

そのうち、私は娘を妊娠し、
新しい流れがはじまりました。

そして、甥も引越し、なかなか会えなくなったのですが・・・。

甥と過ごした日々は、いまでも生き生きと
私の心に残っています。

死と生。

失ったものと、目の前で育っていくものと。

ぐいぐいと成長していく生が、
別れの悲しさや自責の念を癒し、
忘れさせてくれたのだなあと思います。

ひろ、幸せになってね。
あのときはありがとう。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-09 10:14 | 日記

セドナに行くよ~

f0228000_1539336.jpg

                      写真撮影(マヤカ)T-lightsより

行きたい、行きたいといい続けてきたセドナが、
本当に具体的に迫ってきました。

すっごく楽しみにしているくせに、
ちょっと不安な私がいます。

大学生のときの私は、ドタキャン女王。
スキーも沖縄も、計画を立てて
すごく楽しみにしていながら、
どうしても、参加することができませんでした。

遊んでいいのかな。

親に苦労をかけて東京に来させてもらって、
そんな贅沢をしていいのかな。

友達と相談しているときは行け行けなのに、
いざとなると、申し訳なさに負けて
結局、キャンセル・・・。

旅行は、私的にはとっても贅沢で。
案外、無駄遣いしてたのにね~

なので、実は旅行が迫ってきて、
ちっちゃな恐れや不安が湧き上がってきます。
いいのかな、いいのかなって。

いいんだよ!

この旅行の案内は、何と、「セドナ 聖なる大地」の
著者の今西礼子さん。
今も、日本とセドナを行ったり来たりの彼女には、
きっと、彼女おすすめのセドナがあるはず。

そんな計画に、静岡、仙台、四国から参加する方も
集まってきて、果たしてどんな旅になりますやら。

旅行記は、絶対アップしますので。

乞うご期待!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-08 15:47 | 日記

この世を思いっきり楽しむ 大アルカナ21 Universe

f0228000_8142612.jpg


内なる世界が、外なる世界を創造する。

「わあ、こんなもの出てきた!」
「ああ、本当に美しい」
「これは、いったい何だろう」

自分が気づかずに創造した世界を精一杯楽しもう。

それは、お化け屋敷にお化けがいないことを知りつつも、
出来合いのお化けに驚くようなものかも。

ないとわかっていながらも、出てきたものを味わう。

悲しみも苦しみも、そして、喜びも。

十分味わうと、それは離れていってしまうものです。

受け入れて、解放する。
受け入れて、解放する。

そのリズムで、呼吸のリズムで、
この世界を堪能しよう。

ただ、現れては消え、現れては消えるだけ。

現れたものを、純真な子供のハートで楽しむ。

ああ、世界は何と面白い場所だろう。

ワンダーランド、夢の国。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-08 08:19 | 日記

「錦」を読んで

「錦」の主人公、菱村吉蔵は、
京都の龍村織物の創始者がモデルです。

織物に魅せられ、オリジナルを開発し、
それを芸術作品にまで昇華させていく男の一生。

宮尾登美子さんが描いているのですが、
憑かれたような吉蔵の情熱が、
どこからやっていくものか、
そのあたりの踏み込みが足りない感じがするのは、
やはり宮尾さんが女性だからですかね・・・。

子を生さない男性が、ものを生み出すときの、
あの尋常でない熱中は、もしかすると、
私たち女性にはない熱さなのかも。

吉蔵というよりは、彼にずっと仕えた仙の目から、
眺められているようです。
仙の切なさの方が胸に迫ります。

さて、この吉蔵は、「地球交響曲」の監督で有名な
龍村仁さんのおじいさんです。

「地球交響曲」といい、CM界で活躍していたときの、
西武のCMといい、龍村さんの中にも、
紛れもなく、この熱さが宿っている・・・。

美しいものを愛し、美しいものを生み出す熱さ。

淡々とそこを描くこの作品。

きっと、織物を間近で見たら、
伝わってくるかも。

吉蔵が生み出した織物、見てみたいと思いました。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-07 22:13 | 日記

懐かしい思い出

1月5日は寒の入りでした。

むかーし、むかし、私は寒の修行をしてまして、
この寒の入りから明けるまで、約一ヶ月間、
真夜中に水行をして、法華経をあげていました。

今、思い出してもよくやったなあと。
何年間か続けていました。
20代の私。

もちろん、会社勤めをしてましたから、
まあ、この時期は眠かったです。

あの緊張感。

水はかぶればかぶるほど、汗が出るなどと、
うちの母親は言ってましたが、
井戸で水行してた母とは違って、
マンションの水は、かぶればかぶるほど、
より冷たく・・・。

水が洗面器にたまる間も寒くて、
結局、5杯くらいしかかぶらなかったような。

それからの経行も長く、気がついたら、
頭を下げたまま、寝てたことも。

懐かしいです。

そういう修行で心を磨き、
自分の使命を達成しようと真剣に考えていた、
若き日の私。


でも、それは必要なかったんですよね。

使命というのも、実はないんだと。

それは言葉のあやかもしれないけど、
使命という言葉を使うとき、
私は他の人とは違う、
私は特別だ、
そういう分離感が潜んでいることに気づき、
そこには、自分は目覚めている、
他の人は目覚めてないという判断や批判のカケラもあって、

誰もが一つ、誰もが大いなるすべての一部と
わかってきたら、
そういう幻想も消えていったのでした。

夜見ている夢も起きてみている夢も
同じなんだと言い切るほどにはわかってないけど、
でも、それはどこかで知っている・・・。

そのことに気づきながら、今見ている夢から、
ゆっくり目覚めていきたい。

それだけが、私がしたいことであるとわかってきて、

でも、わからないこともあって、
いろんな疑問も湧いてきたりして。

今日のカードを見たとき、
若き頃の自分を思い出し、
そして、今の自分の志を思い・・・。

眠い目をこすって、夜中に起きて
一ヶ月頑張っていた若き私が、
懐かしくて、愛おしくて。

水行は私をクリアにしてくれたけど、
幸せにはしてくれなかったように思います・・・。(あちゃあ)
私が思い込んで作ってしまった思考を
変えるには至らなかったというか。
もちろん、いろんな気づきはあったんですが。

そして、今の私を振り返り、
ああ、それなりに成長したんだとしみじみしましたw

使命感のことは、まだ、うまく言葉にできないのだけど、
自分がどこからそれを捉えるかによって、
見え方が変わってくるのだろうと思います。

マインドのことも、少し見えてきてることは
あるのですが、
まだ、言葉になりません。

でも、少しずつ、気づいたこと、腑に落ちたことを
言葉にしていきたいなあと思っております。

これも、私の志ですね!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-07 15:37 | 日記

右手をあげて ワンドの4 Aspiratoin

f0228000_913671.jpg


私は今、この聖なる瞬間をあなた(聖霊)に捧げます。
あなたがすべてを仕切ってください。私はあなたに従います。
あなたの方向性が私の平和をもたらすことを信じています。


これは、昨日、唱えようと決めたアファメーション。

今日のカードから、唱えるときに、
右手をあげようと思います(笑)

左上の手が、とても気になったので。

こうしようと決めることを手放そうということを
決めたから(ややこしい・・・)、
大志をどうしようと思ったけど・・・。

神を体験する、
神を知ることがそれだと確認して。

カードは「はい。やります!」というふうに見えます!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-01-07 09:06 | 日記



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧