そんな私のカードな日々(ボイジャータロットでスピリチュアル)

<   2011年 11月 ( 80 )   > この月の画像一覧

鎌倉の海

f0228000_1246074.jpg

今日は暖かく、最高のお天気。

海を見ると故郷を思い出します。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-30 12:46 | 未分類

カードリーディングを教える人として 大アルカナ5 Hierophant

f0228000_828460.jpg


昨日は、スペースにお客様がいらっしゃいました。

ふるたてひろこさん

ナインバードのカードや、インナーチャイルドカードの
セラピストとして、経験豊富な方です。

10月京都で行われたイーシャ・ラーナーさんから
直接教わる「インナーチャイルドカードの講座」で
隣同士で学ばせていただきました。

先日、Facebookで同じ大学の卒業生ということもわかり、
親近感がさらに増して。

カードの解釈もさることながら、
話は、リーディングというものを、いかに伝えるか、
学んでもらうかという話になり、
まさに、それは今日のカードそのものでした。

私は、よく、自分がわかった分しか伝えられないと
言っています。
それを、さらに言い換えるなら、自分のハートが
開いた分しか、相手のハートも開かないということです。

大学生のとき、中高生のワークショップのようなことの
運営をしていました。
夏の間に、1万人近くの中高生がやってくる。
そこで、教えてもらったのは、相手の心を開きたかったら、
自分の話をしなさいと。
自分がハートを開いて、正直に自分を語りなさいと。

その結果、ミラクルをいくつも体験しました。

リストカットを繰り返す女子高生、
殆ど学校に行ってなかった男子高校生。

ヘビィな話をいくつも聞きながら、
彼らが短いワークショップの中で変容する様は、
本当にミラクルとしか表現できないものでした。

心は伝わる。
想っていることは伝わる。

これは、私が体験から学んだことです。

これをエネルギーや波動で考えたら、
至極当たり前のことでした。

必ず伝わるのです。

相手を変えるのではない、自分が変わるのだ。
それも当時、よく言われたことばです。

相手を変えようとするのではなく、
相手に寄り添いながら、
ただ、自分に正直にある。
ただ、ハートを開いてそこにいる。

すると、その場が安全で安心な変容の場と
変わっていく。
そして、その方のハートが決められたような
変容が起きていくのです。

ひろこさんはこう言ってました。

リーディングするのではなく、ただカードの意味を
ヒントとして伝えて、それをキーワードに
来られた方が気づいていくのだと。

そうなんだと思います。
彼女は、そういう場を求め、それをつくっているのです。

なぜ、あなたはカードリーダーになりたいの?

あなたはそれで自分の何を表現するの?

カードリーダーをめざす人は、
ぜひとも、それをご自分に問うてほしいと思います。

私の答えは、今日のカード。

自分が自由になりたいから。
そして、誰かを自由にしたいから。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-30 08:46 | 日記

最近のこのブログ・・・

amebaでインナーチャイルドカードの日記を書くようになって、
このブログのアクセス数が減ってきた(と私は思った)。

その話を、今日、spaceでmayacaさんにしてたら、
「そう思って見るからじゃないですか?」



そうかも!
そのときの私の気持ちは、言うなれば恐れ。
また、読者が減っているかも・・・。

そんな気持ちで確認している。確かに。

書くことは私の喜び。

そして、表現したことで、読んだ方に楽しんでもらいたい。

だけど、数を気にするのはどうなんだろう。
数はあくまでも数。

もう、気にしないようにしよう。
毎日、数を比べるのはやめる。

喜びにフォーカスして、喜びのままでいる。

うーん、奥が深いや。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-29 22:53 | 日記

おいしいピザトースト

f0228000_1827843.jpg

f0228000_1827880.jpg

スペースでいただいてます。

へいちゃん特製だよ〜
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-29 18:27 | 未分類

あるがままを認めよう 大アルカナ15 Devil's Play

f0228000_8392690.jpg


通常のタロットでは悪魔のカード。

ボイジャーでは、現実を受け入れる、ありのままを認めて、
人として生きることを楽しむカードになっています。

私たちが、影だと思っている部分は、
実は、私たちの本当の姿ではありません。

でも、それを悪魔として分離させてしまうと、
そこにパワーを与えて、それ自体が、
あたかも存在するように力を持ってしまいます。

自分たちの中にある常識や思い込み、
そして、作られた枠から生まれてくる感情を、
自分のものでないと排除したとき、
それは悪魔という形を持ってしまうのです。


みんな愛しい自分の部分です。

ただ、受け入れ、そして認める。

そのとき、分離は溶けて一つになります。

どんな自分も自分だから。

その感情を体験することが大切なのだから。

恐れないで、逃げないで、
悪魔を作らないで、自分の人生を楽しみ尽くそう。


今朝方、「放蕩記」を読み終えました。

テーマはまさにこのカードだったのかなと
思います。

自分が受け入れられない自分の一部を母親に投影し、
あたかも、それが母から譲り受けたという物語を
生きようとしていた主人公は、
母が痴呆になっていく過程で、それに気づきます。

それは、彼女が自分を認め、あるがままを
受け入れていくプロセスなんだろうと思います。

私たちの人生は、実はみんな自己責任。
父も母もちゃんと選んで、乗り越えたいシナリオを書いて
生まれてくるのだと聞きます。

起きていることは、みんな自分が望んだこと。
表面意識は忘れていたとしてもです。

すべては体験。いのちの体験。

だからこそ、この人生を楽しもう。
このからだという、限界のある時間を。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-29 08:51 | 日記

「放蕩記」の放蕩の意味

聖書の中の「放蕩息子」のエピソードが
引かれていました。

なるほど。

母と娘の葛藤ですが、
そこに、このエピソードがどう絡んでいくのか。

ここからが楽しみです!
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-28 16:52 | 日記

「放蕩記」を読むぞ

f0228000_11331651.jpg

桜庭さんの「ファミリーポートレイト」に沈んだんですが、
さて、村山由佳さんの新刊はどうでしょうか。

今日はこの世界に旅に出よう。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-28 11:33 | 未分類

穏やかに流るる川のように カップの2 Equilibrium

f0228000_8235931.jpg


初めてスクールをはじめたのは、
去年の8月。

最初は、もう興奮状態で何が何だか
わからなかったけれども、
すごい充実感がありました。

そして、しばらくは、
「こうやってやろう」「ああやってやろう」という
自分がスクールをどうしていこうみたいな
状態が続いていましたが、

そののちに、変容は、来られた方が
許可した分だけ起きるのだとわかって、
力みも消えて、とても落ち着いた流れに
変わってきました。

私が何かをするのではない。

ただ、起きることを起きるように。

スクールカードも、なぜ、このカードなんだと
わかろう、わかろうとしましたが、
あとで答えあわせがあることもあって、
その解釈すらも手放しました。

そうすると、以前はスクールが終わると、
もうへとへとになっていたのですが、
無駄にエネルギーを使い切るということもなくなりました。

昨日のスクールもまさに今日のカードのよう。

きっと、必要なことは起きる。

ただ、その信頼だけ。

穏やかな時間でした。

今日はオフ。
自分を大切にして、のんびり過ごします。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-28 08:32 | 日記

生きてこそ

このいのち、生きてこそ。

そんなことばが、内から湧いてきました。

今朝の私の問いに対する答えかも知れませんね。

横浜tian さんでのスクールに向かっています。
ばたばたとしましたが、今はとても静かな気持ちです。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-27 11:42 | 未分類

フィンドホーンの申込書

f0228000_10381753.jpg

送付されてきました。

わくわくふわ〜というより、きりっという感じです。
[PR]
by laetitia-takako | 2011-11-27 10:38 | 未分類



voyager tarot readings
ラティーシャ・たか子関連リンク
ラティーシャ・たか子 HP「人生という物語をつむごう」

スピリチュアルWebマガジン Twinkle Lights

アメブロ「今日のインナーチャイルドカード」
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧